政策発表を終えて ~中田~

こんにちは、中田です。
今日はついにインターン最終日。政策発表会でした。
慣れないパワーポイントに苦戦しながら、菅原議員のアドバイスにも支えられ、ここ何日か寝ずに政策を考えこの日を迎えました。
今日はこのインターンの2ヶ月間の集大成とも言える日でした。
政策発表会は、井上議員の事務所のインターン生と合同で行いました。
みんな、緊張しながらもなんとか発表を終えることができました。
最後に菅原議員と握手をした時、本当にインターンが終わったのかと実感し、ほっとした反面寂しい気持ちもありました。
 
この2ヶ月間、たくさんの方と出会い、色々な経験をし、多くの刺激を受けました。この2ヶ月間とても充実した時間を過ごさせていただき、菅原議員、事務所のスタッフの方、OB、インターンに関わってくださった全ての方に感謝しています。本当にありがとうございました。

政策発表を終えて ~田中~

インターンの田中です。
二ヶ月間のインターン、最後の目玉となる政策発表会を無事に終えることが出来ました。
9月に入って、少しずつ埼玉県とはどんな県なのか調べていきました。
この19年埼玉県で暮らしてきた私ですが、ほとんど初めて知った知識でいかに自分が情報に疎いかを実感。両親に「埼玉県はどんなところ?」と聞くと、ポンポンと問題点が上がってくることに驚き、自分の勉強不足を思い知りました。
なかなか決まらないテーマに日々焦りを感じ、パワーポイントを作る手も進まない。
しまいには、OBの皆さんを迎えてテーマとパワーポイントの中間発表をする前日にテーマを変更。むちゃくちゃに作り上げたパワーポイントを見て頂くという結果に。
しかし、そこで沢山のアドバイスを頂きもう一度政策を練り直そうと気持ちをリセットしました。
しかし、学校が始まりバタバタとしているうちに政策が後回しになりがちな日々になってしまい、「もう私には政策発表は無理だ」とすっかり諦めモードになってしまいました。
菅原さんに進み具合を報告するものの、あまりに自分の知識の足りなさ、計画性の無さに悔しくなるばかりでした。
そんな私を相手に菅原さんは的確なアドバイス、また県の現状をお話してくださり、私を励ましてくださいました。
政策を考える上で大きく感じたことは菅原さんの知識量です。
菅原さんは毎日新聞を読んで気になるところをスクラップしていると仰っていました。実際に私もそのスクラップブックを拝見させていただきましたが、そういった日々の努力というものはこういったときに発揮されるのだな、と感じて自分も今後真似していきたい一つです。
こうして菅原さんや矢澤さん、またOBの方や、両親に沢山のアドバイスを頂き自分の政策へと繋げていきました。
熱中症対策というテーマは、なかなかコレだ!とピンとくる政策が思いつかず沢山悩まされました。だからこそ、プレゼンは人一倍努力すると決心して望みました。
パワーポイントで意識したことは、とにかく見やすく!画面を見ていたくなるもの!細かい字は入れない。文字は太くはっきりをイメージして、何度も試行錯誤を重ね、自分の納得いくパワーポイントを作りました。
また、プレゼンで意識したことは聞いている皆さんが楽しいと感じるプレゼン!ダラダラとパワーポイントに載せた文字を読むだけでは聞いてくださっている方は飽きてしまいます。飽きさせないプレゼン、次は何が出てくるのかと期待させるようなプレゼンを作りたいと思い、挙手制、クイズなどを取り入れ自分色のプレゼンにしました。また、原稿を一切用意せず聞いてくださっている皆さんの顔を見ることも意識しました。
何度もストップウォッチを使いながらプレゼンの練習をしましたが、本番では二分も時間を余らせてしまい悔いの残るプレゼンになってしまいましたが、なんと優勝という結果を頂き嬉しい気持ちでいっぱいでした。
政策に力を思う存分発揮出来なかったため、政策への評価は低かったものの、プレゼンへの評価を高くつけてくださる方が沢山いらっしゃり、時間をかけて準備した甲斐がありました。
反省すべき点は、やはり詰めが甘かった政策。プレゼンに力を入れたとして内容が薄っぺらいものでは相手の心に響きません。現状を調べ、どういった改善法があるのか考え、そしてそれに期待出来る効果や予算をしっかり組むことで相手を納得させる政策になるのだと学びました。
この結果は、なかなか自信を持つことが出来ない私の背中を押してくれる大きな材料となりました。また、自分一人の成果ではなく、家でも政策で頭がいっぱいだった私を支えてくれた両親や取材協力をしてくださった施設、パワーポイントで苦労していた私を手助けしてくださった矢澤さん、そして忙しい中何度も私の話を聞きパワーポイントを見直しアドバイスをくださった菅原さんに感謝をしています。
貴重な体験をさせてくださりありがとうございました。

本日は、特別支援学校に視察に行かせていたただきました!

安田です。
本日は、埼玉県立和光特別支援学校と埼玉県立和光南特別支援学校に視察に行かせていたただきました!

生徒さんたちは、すれ違うと必ずと言っていいほど挨拶をしてくれました!
菅原議員は校長先生や教育委員会の方などに、学校のことについて熱心に質問なさってました!
 久しぶりに小中学校の雰囲気を味わったので、懐かしい感じがしました!

就活講座

お久しぶりです。安田です。
今日は、OBの方がグループディスカッションのやり方と就職活動について話をしてくださいました!
実際にグループディスカッションをして、どこがダメだったかや、就職活動において、どの時期に何をした方がいいかなど、細かく教えていただきました!!
私はまだ一年ですが、就職は常に意識しているので、すごくためになりました!!
OBの方々、ありがとうございました!!

今日は朝から埼玉県消防学校の実科査閲を見学して来ました。

インターンの田中です。
今日は朝から埼玉県消防学校の実科査閲を見学して来ました。
隊ごとの行進は全くズレがなくピシッと一列になっていたり、ロープで登ったり降りたり反対側の建物まで渡ったりとアスリートのような体力の隊員の皆さんに驚くばかりでした。

実際に水を使った消火訓練は迫力があり、沢山の方向からホースで水をかけていて隊員全員の力で消火するその姿には感動を覚えました。

自分たちと変わらない年齢の人々が半年間の厳しい訓練を受け、立派な社会人へと変わっていく姿には刺激され、改めて自分の将来についても考えるいい機会になりました。
昼食のあとは防災学習センターで、地震、煙、暴風雨、消火の体験をしました。「体験だから」と構えている部分があったため、なんなくこなせたものも、実際に予想してないときに起きたらパニックになること間違いないと思い、どんなときでも冷静に対応することが出来るように学んでおくことが大切だと学びました。

県庁に戻ると、新聞記者の澤田さんに新聞記者という仕事についてお話を聞きました。普通のサラリーマンでは考えられないような時間に働いていたり、体力と健康であることが何より大切だという言葉に、いかに新聞記者という仕事が大変であるかを知りました。しかし、自分の仕事に誇りを持って楽しそうに話をしてくださった澤田さんのおかげで、新聞記者という仕事がとても魅力のあるものだということも同時に学びました。

そのあとは県の職員である小林さんに公務員という仕事について学びました。公務員のイメージはひたすら事務作業というものでしたが、お話を聞くとイメージがぐるっと180度変わりました。少年自然の教室で働いたり、埼玉の雑誌を作ったりと部署によって仕事は様々だということを知りました。
沢山のものを自分の目で見て、聞いて、実際に体験をして、色んなことを感じ取った一日でした。

国会議事堂の参議院会館へ行ってきました!

こんにちは!中田です。
国会議事堂の参議院会館へ行ってきました。
埼玉県選出の大野もとひろ参議員議員のインターン生と合同で、議場や参議院会館の中を見学しました。

議員食堂で昼食をとり、インターン生同士で意見交換をしました。国会議員と県議会議員のインターンの活動内容の違いなどから、色々刺激し合うことができました。

昼食後は、外交についての講義をしていただきました。(特に中東問題やシリア情勢について)
私はもともと外交に興味があったので、お話を聞く前からとてもたのしみにしていました!

私たちの質問にも丁寧に答えていただき、学校の授業では教わらないようなことまで知ることができたので、貴重な経験となりました。
この日は、一日がとても充実していました!