視察3日目の最終日。

本日は富山市の進める「公共交通を軸としたコンパクトなまちづくり」について市役所と現地で学んで参りました。

富山市は平成14年の森市長就任以降、従来の拡大型まちづくりからの脱却に向けて議論し、集約型都市を志向した富山型のコンパクトシティの推進へと方針を転換し「公共交通を軸とした拠点集中型のコンパクトなまちづくり」を実現することを目指しています。

富山市はコンパクトシティの概念を「お団子と串の都市構造」として、それを実現するために
①公共交通の活性化
②公共交通沿線地区への居住促進
③中心市街地の活性化
を3本柱に据えて事業に取り組んでいるそうです。

①については、市内の路面電車はじめ、幹線バス、コミュニティバスの活性化、さらにはLRTの導入などによる公共交通機関のネットワーク化を進める。
②については、これまで地理的な特性から無秩序に拡がっていた市街地を見直し、地域の人口に目標を定め「都心地区、公共交通沿線居住推進地区」を設定して(約3900ヘクタール)域内に住宅購入する方に各種助成制度を創設し市街地を集積させる。
③については、多目的広場の整備、や高齢者の路線バス利用補助、廃校となった小学校の活用など、中心市街地への集中的な投資で質の高い中心市街地を実現する。

これらの戦略的な取り組みにより、推進地区の転入人口の増加、市内電車の利用は回復、地価の下落の下げ止まりなどの成果が得られたそうです。
そしてOECDのコンパクトシティ政策報告書でメルボルン、バンクーバー、パリ、ポートランドと並んで取り上げられるなど、世界的な評価も高くなっているということです。

写真にある日本初の本格的なLRT(ライトレールトランジット)は、導入が全国的にもかなり話題になりました。
LRTはポートラムとセントラムの二路線あり、市内をネットワーク化し地域の主要な交通網を形成しています。
ポートラムは廃線となったJRの鉄道軌道の上を走らせ、運用は三セクです。セントラムは市内路線電車の路線を拡張整備し、周回させ、運用は電車事業者に委託しています。来年の北陸新幹線開通に合わせ、新幹線と接続してさらに利便性を向上させるということです。
LRTはドイツ製で、なんと1台導入するのに2億数千万円かかるそうで国の補助がかなり入ったようです。

LRT自体は埼玉県での実現可能性は低そうですが、公共交通のネットワーク化や、スプロール化した市街地の再構築、人口減少に向けたまちづくりのあり方については、参考になるところが多くありました。

掲げたまちづくりの理念を強力に進めた市長のリーダーシップにも政治家として勉強になった次第です。

今日はコメントが長くなってしまいました。ここまでご覧下さった皆様ありがとうございました^_^

20140827_074638

市議会議員のインターン

 こんにちは!

インターン生の寺田です。
本日は25日のインターンシップについて。
この日は普段お世話になっているすがわら事務所を飛び出して、戸田市議会議員の こんの桃子さん に同行させていただきました。

午前中は戸田市の漕艇場に
そこになんと市議や職員の方々がぞろぞろ
するとボートに乗って
あっという間に遠くまで行ってしまいました。
皆さん何をされていたのかといいますと、戸田市議会には部活が3つあり、そのうちの1つであるレガッタ部の練習をされていたんですね。

議会に部活があるということにまずびっくりしてしまいましたが、全国市長村レガッタなる大会があるそうで、それに向けて練習をされていたそうです。

ちなみにもうすぐ戸田市は市政50周年を迎えますが、それを記念してその年の大会は戸田市で開催されるそうです。ぜひ優勝してほしいですね。

午後はかわって常任委員会の様子を傍聴させていただきました。

まず一般市民も手続きを済ませば委員会を傍聴できるということにも驚きましたが、委員の皆さんがテキパキと意見を出し合っているのがとても印象的でした。

委員会終了後、今度は東京に移動です。

構想日本という団体が主催する、地方議員をテーマにしたフォーラムが千代田区で行われたのですが、こんのさんはそのフォーラムに討論者として参加されました。

地域や年齢の垣根を越えた地方議員の方々が全国から大勢集まる中、質問や意見を求められた際にも、こんのさんはご自分の意見を堂々と、丁寧に説明されていました。

o0800060013048248334

移動も活動内容も多く、とにかくハードな1日でした。こんのさん体力が尋常じゃなかったです。

今回は県議会議員とはまた違った視点で政治を見ることができ、とても勉強になりましたし、1日を通して、こんのさんはもちろん、熱意をもって仕事をされている議員さんの活動をもっともっと見てみたくなりました。

次回の活動が楽しみです。

皆さんありがとうございました<m(__)m>

寺田

視察2日目。

本日の午前中は旧県庁の利活用について。
兼六園、そして金沢城公園前という歴史と文化の集積地にある旧石川県庁本館。
この立地を活かして免震工事とリノベーションを行なった「しいのき迎賓館」の利活用と指定管理の運用についてお伺いました。

また、午後は富山県南砺市にて。
南砺市は、平野部では美しい水田地帯に散居村の風景、そして山間部では世界文化遺産の五箇山合掌造り集落が広がる地域です。

視察内容は「情報技術の活用」という切り口で
①遠隔医療コンサルテーション医療ネットワークシステムについて
②ホワイトスペース特区を活用したワンセグのエリア放送「なんとちゃんねる」について
③限界集落の高齢者世帯を支援するビデオ通話端末「そくさいネット(ふれiTV)」について、それぞれ先進の取り組みをお伺いしました。

写真は③のふれiTVのタブレット端末を実際にさわってみたところです。
とても簡単に操作することができました☻

限界集落でも、埼玉県のような都市でも、独居高齢者は共通して確実に増えていきます。

しかも埼玉県は、高齢化「率」自体はまだ平均よりも低いのですが、近い将来、数十万人というオーダーの圧倒的な高齢者「数」の医療、介護、福祉、生活を守らなければなりません。しかし予算も人材もこれまで通りのやり方では追いつかない…

この数十年の地方行政の最大課題は、少子化という労働人口の減少と合わせて、高齢化の波をどう乗り越えるかに尽きると思います。
情報技術の活用は、その解決策の鍵になるはずです。

20140826_082745

インターンシッププログラム

こんばんは。

事務所スタッフの矢沢です。

8月ももう後半ですが、今月初めから学生のインターン生が事務所に来て頂いております。
今回で8回目となるインターンシップの受入れ。

8月9日の県政報告会では、事前の準備やスタッフとしてフル回転でお手伝い頂きました。(当日にはOB・OG生もお手伝いに…ホント有難いですm(_ _)m)

その後、事務作業やビデオ編集、戸田ふるさと祭りなんかにも参加。

既に何度か投稿していただいてますが、こちらのブログでインターン生自身が活動を報告させて頂きますので、宜しければチェックしてください(^^)

インターンブログ

夏まつりにお邪魔しました。

本日は北戸田住宅自治会さんの夏まつりにお邪魔しました。

若い方々がたくさんいらっしゃっており、子供達は妖怪体操、AKB、女々しくてのダンスを元気いっぱいに踊って、みなさんとても楽しそうでした。みんなよい夏休みの思い出が出来たのではないかと思いました。

参議院議員の大野もとひろ先生も参加されており、思わずツーショットをお願いして撮影していただきました。

 

20140823_131134

とても暑い熊谷市から。

今日は青年地方議員の会の勉強会に参加しております。

熊谷市には関東一の祇園と称され、260年の歴史と70万人の人出で賑わう「うちわ祭り」があります。

今年7月1日、そういった伝統行事の振興をはかるために議員立法で制定した(全国初の)「あついぞ!熊谷お祭り条例」が制定しました。

今日の講師はこの条例制定にあたり中心的に関わられた熊谷市議会の松浦紀一議員さんから、条例制定までの流れについてご説明をいただきました。

作成にあたって苦労された事として、憲法20条にある政教分離規定との関係で、行政側からの心配もあったそうです。

しかし、長い年月をかけて習俗化された伝統行事に行政が関わることは政教分離に抵触しないという判例などを根拠として、市に問題ないとの見解を求めたり、お祭りの定義を「お祭り及び伝統行事で、まちのにぎわいを創出し、観光振興の寄与が認められるもの」とすることなどで、全会一致の可決に結びつけることができたということです。

最近は、乾杯条例などのいわゆる「ご当地条例」が全国の議会で制定されています。

地域の資源を生かして地場を活性化させることは大切ですが、中にはパフォーマンスのために他の条例をそのまま「コピペ」しただけの表面的で浅はかな事例も散見され、ご当地条例を作ることが目的になっているのではなかろうかと思います。

ゆるキャラブームのように、流行りに乗って体裁を繕うだけでは、空虚な自己満足にしかならないと思います。

熊谷市の事例は、もちろんそのようなものではなく、誇るべく伝統文化があって議員が試行錯誤しながら作成された魂のこもったオリジナルの注目すべき事例です。

この条例制定から、市民はもちろん、行政側が動きを取れやすくなることが期待されるのではないかと思いました。地域活性化の起爆剤になることを期待します。

何よりも、議員さんの熱心な話をきいていて、いつかは私もうちわ祭りに参加したいと思いました!

20140821_064527

県政報告会 反省会

こんにちは!インターン生の寺田です。
本日は、県政報告会の反省会についてです。
8月9日の県政報告会を終えて、21日にすがわら事務所で反省会が行われました。報告会当日に係として参加された方たちは、それぞれに感じたことや気づいたことを出し合っていて、ここでも普段は見ることのできない裏側の努力を見ることができました。
反省点は数多く上がりましたが、それらの反省を次につなげる工夫なども話し合われ、一つ一つの活動に対する菅原さんの強い熱意が感じられました。
政治ってこうした試行錯誤の連続なんですね~。
ただただ感動してしまった私ですが、自分の失敗などもたくさん心当たりがあるので、しっかりと反省し、今後の活動に活かしていきたいと思っています。
反省会の後には、懇親会に連れて行っていただきました。私は将来公務員を目指しているのですが、公務員と政治との関わり合いなど、貴重なお話を聞くことができ、とても実のある時間でした。
ではこのへんで。
寺田

今日は検討委員会の会議です。

今日は県議会控室にて会派内の区割り検討委員会の会議です。

来年の県議会議員選挙は、選挙区割りの変更が予定されておりますが、現在各会派では、その条例改正に向けた定数や選挙区割りの案の検討が進められております。

我が会派においても、区割り案の検討を進めており、私はそのまとめ役を仰せつかっております。

この間、法改正もあり市町村合併もひと段落ついたところです。

また地方政治に求められていることも変わりつつあるのも事実ですので、時代の変化に対応しつつ、県民の期待に応える、刷新らしい案に練り上げていきたいと思っております。

20140820_074303

はじめまして、菅原事務所でインターンシップをさせていただいております山本です(o^^o)

はじめまして、菅原事務所でインターンシップをさせていただいております山本です(o^^o)
よろしくお願いします!
少し自己紹介をさせていただきますと、
私は現在大学生で、大学では主にマーケティングや流通(モノの流れ)などについて学んでいます。
将来の夢は市長になることであり、その目標に少しでも近づくべく、菅原議員のもとで日々勉強をさせていただいております。
8月17日の活動報告ですが、『戸田の会』の市政報告会のお手伝いをさせていただきました。
市政報告会では、市民の方と議員さんが直接お話しできる機会が設けられており、様々な意見交換が行われていました。

その後、戸田市のふるさと祭に行き、配布物のお手伝いを少々させていただきました。
私はまだインターンシップ3日目なのですが、非常に内容の濃い時間を過ごさせていただいております。
1日目は県政報告会の準備、2日目は県政報告会の設営など、そして3日目は戸田の会の市政報告会のお手伝いと普通の生活を送っていたら、体験することはできないであろうことを数多くさせていただいております。
まだまだインターンシップは始まったばかりですが、時間を無駄にすることがないよう、しっかり仕事をしていきたいと思います。

戸田公園駅頭にて

おはようございます。
戸田公園駅頭にて783日目駅頭活動が終わりました。

8時30分過ぎくらいに母くらいの年代のご婦人から「今日は暑くなるからこれ飲んでがんばってね」と、ドトールのアイスコーヒーの差し入れを頂戴しました。

朝から心温まるありがたい出来事に感謝して、今日一日の頑張りの糧にしたいと思います!

20140819_011712

戸田市文化会館にて。

戸田市文化会館にて。「第1回 戸田の会市政報告会」に出席しております。

酒井代表、真木議員さん、金野議員さん、中山議員さんの4名の会派結成から現在までと、革新的な取り組みである「ご意見対応システム」について、ご説明とご報告がありました。

http://evpo.st/1kKUS01

戸田の会の存在は、本人たちが考えている以上に、市民の皆さんからの大きな期待が寄せられていると思います。

戸田の明るい未来のために、益々のご活躍をご期待いたしております。

私も同世代の政治家として、共に切磋琢磨しながら地元のために汗を流して参りたいと思います。

20140817

 

ボートレース戸田にて。

今日から明日は戸田最大の祭り「第40回戸田ふるさと祭り-輪になろう手をつなごう-」が開催されます!

今年は駐車場は使わず規模を縮小しての開催ですか、ただいま会場では15時からの開始に向けて着々と準備が進んでいます。

私は今年も、とだわらび青年会議所のメンバーとして2日間、祭のスタッフとしてお手伝いでします。

戸田の夏の風物詩、戸田ふるさと祭りにぜひお越しください^_^

20140816_040527

靖国神社を参拝に行きました。

私自身は戦没者の遺族ではありませんが、毎年終戦の日は靖国神社を参拝します。

本日も、一政治家としてのみならず、一人の国民として、先の大戦で祖国のためにそのかけがえのない一命を捧げて散華された御英霊に、深い感謝と哀悼の誠を捧げるため、心静かに祈ってまいりました。

今年で戦後から69年が経過しましたが、我が国の現在の繁栄は、その尊い犠牲の上に築かれて成り立っていることを、我々は忘れてはならないと思います。

本日は、全国地方議員の会および日本会議地方議員連盟のメンバーとして、昇殿参拝の後、参道にて戦歿者追悼中央国民集会で正午の黙祷を捧げました。

これからも地方議員という立場ではありますが、戦火に倒れた全ての皆様とご遺族の想いに心をよせて、微力ながら頑張りたい。

20140815_051930

初めまして!(^^)!すがわら文仁事務所でインターンをさせて頂いている寺田と申します。

 初めまして!(^^)!
すがわら文仁事務所でインターンをさせて頂いている寺田と申します。

私は前々から、政治が実際にどのように機能しているのかがとても気になっており、今期のインターンに志願させて頂くことになりました。

2か月間精一杯頑張りますので、宜しくお願い致します。

 

では早速、今回は8月9日に行われた「県政報告会」についてレポートします。

 

要点は2つ。1つ目は事前準備について

私が事前準備の中でもっとも驚いたのは、とにかく多くの人たちが県政報告会の運営に関わっているということです。

市議会の方々や、県外の方までもが事務所にいらして、前回の反省を踏まえ、今回の報告会をより良いものにしていこうとする熱意が感じられました。

そして何より、政治においては人との関わりが大切なんだなということを目の前で実感しました。

私は主に報告会の配布資料をまとめておりましたが、後で書類の不備が多々あるとのご指摘を受けました。危うくそのまま本番をむかえるところでした。本当にすみません。

そして2つ目、県政報告会本番について

当日はインターンOBの先輩方もお手伝いをしてくださいました。

私自身緊張してしまい、先輩方にはご迷惑をおかけしてしまった上、とにかく助けて頂いてばかりでした。

皆さん本当にありがとうございました。

当日はたくさんの方がいらしていて、ここでも政治における人とのつながりの大切さを感じることができまし、本題の県政報告も、菅原さんはpreziという新しいプレゼンソフトを使っており、いらした方々がとても感激していらしたのがとても印象的でした。

リハーサルを拝見させて頂きましたが、とても分かりやすかったです!

  

まだまだ始まったばかりですが、普段は見られない貴重な現場を見させて頂き、今後の活動も楽しみです。

では、このあたりで失礼します。

寺田