青年会議所全国大会と卒業式

12038260_1025728647461293_192109975146288010_n本日午後からは新幹線に乗って青森の八戸へ。全国から1万人集まる青年会議所の全国大会と卒業式に出席。
卒業ライブとして、青春時代に流行ったTRFのスペシャルライブに遭遇!SAMさんの生ダンスを見ることができました。
10年在籍したとだわらび青年会議所では必ずしも充分な活動ができず、皆さんにご迷惑をかけたところもあったと思います。しかしこの間、ふるさと祭りはじめとする様々な青年会議所の事業を通じ、熱い青年達と一緒に関わり、まさにプライスレスのかけがえのない財を得ることができました。10年間の思い出を噛み締めながら、青森での明日までの日程を過ごして地元に帰ります。

12047137_1025728660794625_3331497225910109652_n 11209565_1025728680794623_7300367311906459982_n 12038184_1025728694127955_8482764888744112176_n

笹目川のまるごと再生プロジェクト現場披露式典


01b6c4406905c34a7e00732db49166a5accf2f2bd1
本日は笹目川のまるごと再生プロジェクト現場披露式典に出席しました。
埼玉県は、水辺再生100プランという水辺の再生事業を進めておりましたが平成23年度に終了し、その次のステップアップとして河川の上流から下流まで全体を再生する「川のまるごと再生プロジェクト」を、平成24年度からスタートいたしました。
戸田市は平成24年度から事業が始まったプロジェクトに際し、新曽区画整備事業と笹目川の一体的な整備を提案し、県内最初採択を獲得。
3年半で約8億円の予算を得、笹目川を全体的に整備する事業が進められました。
この笹目川の整備については、4年前に地元問題として県議会で初めて提案をさせていただきました。
戸田の子供たちが、昔のようにザリガニや魚を取って遊んだりできるような川にしたいという思いで毎年、知事への予算要望と地元要望を繰り返し行なって参りました。
微力ながらこの事業に関わった者の一人として、本当に感無量の思いでいっぱいでした。

01d7815bd0ba5af3d9a37d777b2d4a7ddea1a3f543 013c92ee3ae8c800ef52dd8f3d00052986f709ef30 01a4ede5e2f4dc9eff010b5b2ca6d11966bb960fc8

ただ一方で、これは「ゴール」ではありません。
笹目川は流れ続けます。私たちは故郷の川を次の世代に引き継ぐためにも、河川を守り、育てていくある意味での「義務」があるのではないかと思います。
01d25489db98cc3a2816289b06b4cd57e2989f48cf水質の改善や、河川の活用、もっともっと地元の皆さんに愛される笹目川にしていくために、考えるべきことはたくさんあります。 そういった意味からも、今日はその「スタート地点」といって過言でないと思います。
戸田市民みんなが誇りを持てる故郷の川にするために、今日お集まりの皆さんはじめ、私も引き続き、県政の立場から一生懸命働きたいと思います。
来賓の挨拶では、いつもより少し長めにお話し、神保市長はじめとする市の河川担当の皆様や、その取り組みに協力しようと一緒に汗をかいていただいた南部漁協さんや各環境団体の皆様、そして何よりも笹目川の再生を願い維持保全に行動を続けてこられた地元町会はじめとする地域住民の皆様の御尽力、ご協力に心からの敬意と感謝を申し上げました。

9月定例会開会@県議会

12002741_1024886357545522_1160690496763670470_n
10時に知事から新たな任期はじめのご挨拶と議案の上程があり、今日から10月15日まで9月定例会が開会され、その後は年末まで決算特別委員会や行政視察であわただしい季節が続きます。
今議会で私自身の質問はありませんが、会派選出の議会運営委員として会派の皆さんの意見集約と議会の裏方役に徹して頑張りたいと思います。

芦原小運動会と美女木八幡神社秋祭り

今日も暑いくらいのいい天気ですね。
今日は朝から芦原小の運動会にお伺いして、元気な芦原っ子を応援。
12049315_1022911624409662_5646937545397871444_n 12027595_1022911631076328_5662819932090736888_n

12002981_1022911644409660_1661017974296930740_n12002836_1022911657742992_1714943358076845_n12036810_1022911674409657_2509995317962302830_nその後は、美女木八幡神社の秋祭りに伺いました。
地元美女木八幡神社は、1189年に源頼朝が奥州征伐に向かう際に寄ったことから置かれ、戸田・蕨地域で一番古い歴史を持つ神社です。今日掲げられた旗は昭和3年の歴史あるものだそうです。
ここの神楽殿はしばらく使われておりませんでしたが、昨年から美女木八幡神社の氏子総代会の皆さんが秋祭りに神社の神楽殿を開放して神楽を奉納する新たな取り組みが始まっており、今年の秋祭りは、大変賑わっています。
まずはじめに演奏コンクールで銀賞を受賞した美谷本小の金管バンドによる素晴らしい演奏を鑑賞しました。地域の皆さんもたくさん集まり、ふるさとを合唱。
その後は岡田民五郎社中さんによる里神楽、演目は「天孫降臨」です。与野の大戸地区に4代続く歴史あるプロの神楽師の方々で、美女木八幡神社も昔からお世話になっております。
歴史と伝統ある美女木八幡神社を次世代に引き継ぐためにも、地域みんなで神社をさらに盛り立てていただきたいと思います。私も微力を尽くしたいと思います。

12042924_1022911681076323_8671587274714985080_n 12038519_1022911701076321_3041191110319168733_n

動物愛護ふれあいセンター視察@さいたま市

こんにちは、インターン生の飯田です。

今回はさいたま市の動物愛護センターに行ってきました。
私は以前から動物愛護について関心があったので、今回の見学はこのインターンの中でも期待していたものの1つでした。

職員の方のお話は大変興味深く、例えば、鑑札とマイクロチップの話などは現場の方ならではの視点で学ぶことができました。
残り少しのインターンで多くのものを吸収していきたいです!

さいたま市動物愛護ふれあいセンター
住  所 338-0812 さいたま市桜区神田950-1
電  話 048-840-4150  FAX  048-840-4159
開館時間 8時30分から17時15分
休 館 日 日曜日、月曜日、祝日、年末年始
【日曜日についてはふれあい事業(9時30分から12時、13時から16時まで)のみ実施】 さいたま市ホームページより
sub_banner(doubutuaigo)

介護施設@板橋・通信制学校@大宮の視察

通所型の介護施設@板橋

11217817_1020922874608537_3925429890728577211_n
12011267_1020922887941869_720910850104834637_n本日は朝から板橋区の介護施設とさいたま市の大宮区にある通信制の学校施設の視察を行いました。

午前中は戸田市在住のO社長が経営する通所型の介護施設に伺いました。
この施設は主にリハビリを中核とした短時間の介護を行なっており、整骨院のノウハウを軸にサービスを提供しています。
歩けないおばあちゃんが歩けるようになるなど、機能回復を促すことで多くの成果を出しており、地域のたくさんの方々が通っているとのことです。

私が伺った時も施設内にはたくさんのお年寄りがおり、それぞれ柔道整復師の資格を持つ職員さんらと運動などのリハビリを頑張って大変賑わっておりました。
職員さんからは現場を見ながら様々な課題について話しを伺いました。

 

クラーク記念国際高校@大宮

11999022_1020922927941865_7045156072266674055_n
12033240_1020922971275194_2839468138521722410_n午後からは三浦雄一郎さんが校長先生でおなじみのクラーク記念国際高校大宮校に伺いました。

施設長さんからは学校の理念や授業内容について伺いました。また休み時間には生徒さんとも直接話をさせていただきました。
クラーク記念高校は、通信制高校ではありますが、全日型教育(制ではない)という、不登校などで学校から足が遠のいてしまった子供達でも安心して通うことができるカリキュラムが組まれております。
全ての職員がカウンセラーの資格を持っているため、ひとり一人の生徒さんと向き合って学校生活を充実させることができるそうです。
本校は北海道にありますが、今やキャンパスは36の都道府県に56校まで広がり1万1千名以上の生徒がいるとのことです。これは単体の高校の生徒数としては日本一の数だそうです。
これまでイジメで学校に行くことができない子供や引きこもってしまい意欲がなかった子供達の多くが、この学校に来ることで自信を取り戻し、再チャレンジした結果、卒業率は98%、大学進学などの進路決定率は97%まで達しているとのことです。
一人ひとりの子供の可能性を引き出すことを諦めずに真摯に取り組んでいる姿勢。大変共感しました。


国会見学

写真 2015-09-15 11 54 17 (1)
こんにちは。九期インターン生の原です!

本日は参議院議員の大野元裕さんにお招きいただき、並木事務所、大野事務所のインターン生3人と菅原事務所OBの山本さんと合同で国会議事堂及び参議院会館へ行って参りました。両施設とも普段は入れないような所へ連れて行ってもらうことができ、多くの発見をすることができました。
特に印象的だったことは、国会議事堂は1936年11月に完成しているのですが、その当時からの名残が今も多くの所に残っていることです。
安全性や利便性などの問題で改修はされているものの、歴史的な説明を聞きながら堂内を眺めていると感慨深いものがありました。

写真 2015-09-15 12 14 52昼食時は、お忙しい中わざわざお時間を割いていただき、短い時間ではありましたが、
大野元裕さんご本人から興味深いお話しを聞かせていただくことができました。
まだまだ聞きたい事がたくさんあるので、もしもまたお会いすることができるならその時は今回より多くお話しがしたいです!

最後には委員会を傍聴し、参議院の委員会というものを肌で感じながら傍聴することができました。今日はいろんなものを見て聞いて、本当に濃い一日でした。今回このような機会を与えてくださった菅原さんと大野さん、本当にありがとうございました!

このインターンもいよいよ残り二週間程度となりました。最後まで積極的な行動を心掛け、頑張っていきます!

台風18号等災害ボランティア@常総市

12011288_1019924201375071_5141381313183838952_n 11999039_1019924511375040_7215107098781871035_n
今日は常総市に伺い、1日災害ボランティアとして活動して参りました。
鬼怒川の堤防決壊からもう5日目を迎えますが、常総市の浸水被害は約40㎢と膨大な範囲に及び、まだ市の南部では水が引かない地域があり家に帰ることができない方々がたくさんいます。
つくばみらい市から小貝川を渡ると、それまでののどかな情景は一変します。

被災地は所々に家財道具や畳などが積み上げられ、放置された車も道にまだたくさん残っていました。砂埃が舞い上がる道には自衛隊や全国の自治体からの支援車が行き交います。

ボランティア受け入れをする常総市役所は建て替えられたばかり。庁舎内では未だに水が引いておらず、ボランティアの受け入れや援助物資を配布する一方、2階では被災された方々が空いたスペースを使って避難生活をされるなど、まだまだ混沌とした状態です。

11987091_1019924888041669_7105734699252615623_n 写真 2015-09-14 13 54 05 12006366_1019924454708379_6219154871598481401_n 写真 2015-09-14 13 56 16 12003330_1019924481375043_5628618404538120709_n 12003305_1019924501375041_1598187446286865997_n

ボランティア登録後、私ちちは市役所の指示された市内の一戸建ての家に伺いました。お聞きすると今日の朝になってやっと水が引いたとの事でした。
家の中では高齢のご夫婦が水に浸かってしまった家具を外に出しており、私とスタッフの矢澤君は水分で重くなってしまった畳や膨張して開かなくなったタンスなどを運搬しました。
途中で、息子さんとその友人が合流し、男4人で片付けがスピードアップ。午後4時30分頃に1階の全てのモノを外に出して、私たちのミッションは終了。夕暮れになる前に被災地を離れました。
お手伝いで印象に残っているのは畳もそうですが、倉庫にあった備蓄のトイレットペーパーの重さです。12ロール2つが一人で持てないほどでした。全てのものが水を含むことで動かせなくなるんです。これではお年寄りはほとんどの家具が片付けられません。
罹災された方々の多くは家族の大切な思い出が詰まった家財が本当に一瞬にして奪われてしまいました。水の引けも悪く復旧に取り掛かることもできない地域もあります。そして避難所では疲労もピークに達しつつあり、今後の生活再建への見通しもまだまだついていません。
こういった時こそ、全国の同胞の支援が本当に大きな力になるのだと思います。
ボランティアもまだまだ足りていないようです。支援の方法はボランティア以外にも様々あります。それぞれの立場から被災地に心を傾ける行動が今、求められていると思います。
最後に、まだ行方が分からなくなっている方々が15名いるとのことです。一刻も早い全員の無事の確認、そして復旧復興に向けた歩みが始まることをお祈りします。
長文お読みいただきました方、ありがとうございました。

12019849_1019924431375048_329619383237259127_n 12019885_1019924224708402_4706752978687750031_n 12011397_1019924208041737_4789734559810643899_n 11225067_1019924248041733_8346562266673328131_n 12019879_1019924438041714_2366461662402351851_n 11987055_1019924881375003_9120763567242238170_n

戸田市内での活動

12011357_1019712874729537_1573913317139029076_n本日は1日市内をぐるっと回って出会いもたくさんあり、充実した1日でした。

朝は3ヶ月に一度市役所駐車場で行われている朝市に参加しました。子供連れで参加されてる方も多く、定着している事を実感しました。実行委員の皆さんのご努力が着実に実りつつあるように思いました。
その後は地元町会の敬老会に参加。元気な地元シニアの方々との食事しながら政治談義や子育て論について有難く意見交換させていただきました。

そして午後は戸田交響楽団の第59回定期演奏会に。市民楽団とは思えないほどの素晴らしい演奏でJ.シベリウスの楽曲を楽しませていただきました。その後もそのまま文化会館で戸田交響楽団創立40周年記念式典と懇親会に。ご挨拶では長年にわたり市民の文化芸術を牽引し発展させてきた事に心から敬意と感謝を申し上げました。

11986612_1019712878062870_1554305576753636890_n 12006093_1019712894729535_1428189953538564501_n

東日本豪雨(台風18号等)被害に対する緊急要望書

12006319_1018154058218752_8485761061352003744_n
いまだ被災の全容解明が及ばない、そして予断を許さない豪雨災害。
亡くなられた方のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。

こういったとき、政治家はあまりに無力ですが、少しでも県政でできることはないかと願い、本日会派として上田知事に東日本豪雨(台風18号等)被害に対する「緊急要望書」を提出いたしました。文案作成は私が行いました。

所属議員の約半数が県東部選出で、皆様被災地を駆け回っておりますので、参集できるメンバーのみで河川整備等を掌る岩崎副知事に直接要望をさせていただきました。
戸田市でも1件(現時点)の浸水被害があったようです。皆様の一刻も早い生活復旧を願います。

こちらが要望書の内容です)====================

キャプチャ

 

2015年9月11日

埼玉県知事 上田清司様

埼玉県議会 無所属県民会議 代表 鈴木正人


東日本豪雨(台風18号等)被害に対する緊急要望書

 台風18号の影響による記録的な豪雨により、東日本各地では堤防決壊による広範囲かつ甚大な浸水被害や土砂災害が相次いで起こり、県内においても県東南部地域を中心に大規模な水害が発生しました。上田知事は早々に茨城県への防災ヘリ派遣や県内被災地への職員派遣を行うなど、迅速に被災者支援に取り組んで頂き、感謝申し上げます。
 無所属県民会議といたしましても、県東部の所属議員を中心に県内浸水地域に伺い、被害状況の調査と被災された県民の切実な声を伺っているところです。今回の水害に対して、一刻も早い被災者の生活再建と地域の復旧に万全の対応を講じられますよう、以下の点について緊急に要望いたします。

記
1.一刻も早い被災状況の把握とともに、被災者の支援に全力を尽くすこと。
2.直接的あるいは間接的に被災した商工業および農林業者に対する支援とともに、融資の拡大を
はかること。
3.上下水道など、寸断したライフラインの早期復旧をはかること。
4.県管理の一級河川堤防の点検および要対策延長の強化を早期にはかり、河川整備に伴う財源の十分かつ安定的な確保を行うこと。
5.排水施設の点検および施設の機能向上など、根本的な増強対策を行うこと。
以上

戸田市議会傍聴と決算書チェック

インターン生の松倉です!
今日は戸田市議会の傍聴をしてきました!

今日の議会では会派「戸田の会」の議員さんが3人一般質問をしていました。
真木大輔議員は粗大ゴミの問題や建設費用と指定管理料の問題、学校給食の未納問題について、
中山祐介議員は原付バイク等のご当地プレートについてやドローン問題、バリアフリーについて、
酒井郁郎議員は市民医療センターについての質問でした。

戸田にこのような問題があるということを知るいい機会になりました!

議会傍聴の後、事務所にもどり決算の数値の変化をチェックする事務作業をしました!

自分たちの政策発表も近いのでこれから準備をしっかりとしたいです。

写真 2015-09-10 16 24 13

台風18号

12002914_1017473521620139_1485204131089334859_n台風18号にともなう大雨で、埼玉県内も被害が出ています。

越谷市では冠水被害が出ているとNHKで報道しています。

最新のニュースや防災無線などに注意して命を守る行動をしてまいりましょう。
増水する川を見に行って事故に遭うこともありますので、そういったことは控えましょう。

台風18号等による被害状況について(第5報)

市議会傍聴

写真 2015-09-09 9 54 57インターンの飯田です。今日は初めて議会を傍聴してきました!

実際の議場はテレビで見る世界そのもので、質問時間などの規則に従って議員、市職員が市民のより良い生活のために質疑応答を繰り返していました。。

私は菅原さんがスポーツセンターの今後に関心があるとのことで、その質疑応答に注意して聞いていましたが、その内容は難しく勉強が足りなかったと反省しました、、

これからは本人のようにアンテナを広げて様々な情報を取り入れていきたいと思います。

キャプチャ
戸田市議会ホームページ