2020年東京オリンピック・パラリンピック地方議員向けのシンポジウム@千代田区

12295272_1054735747893916_280726284331968682_n
12316323_1054735757893915_3668995445904834473_n今日は千代田区の大手町にて、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の機運醸成に向けて、全国の地方議員向けのシンポジウムに参加しました。

シンポジウムの内容は、主催者である舛添要一都知事のご挨拶、来賓の遠藤利明オリンピック・パラリンピック大臣のご挨拶、そして森喜朗大会組織委員会会長の基調講演、オリンピアン、パラリンピアン含めた関係者のパネルディスカッションでした。

特に、森会長の基調講演の中で、各競技会場の課題について言及があり、海の森水上競技場については、羽田空港を使う飛行機の航路と競技の空撮が重なる関係で「かなり大幅に変更せざるを得なくなる」との発言があり、当初から彩湖での開催を願っている私としては思わず「もう東京湾でやろうなんて無理しないで!」と叫びたくなりました。

先日も報道されたように、国際カヌー連盟の担当者が2015年10月に東京へ訪れ、風や波が競技に与える影響が強く公平なレースが行えないのではとの苦言を呈したところたです。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201510/CK2015102202000131.html
チャンスはまだあります。
今日のシンポジウムに参加して、ボート競技場の見直しをもう一度していただきたい、との思いを改めて強くして帰ってきました。

12301638_1054735767893914_478990964866409576_n 12299262_1054735781227246_4030107414929205362_n 12274756_1054735794560578_1512857465298104780_n

青年地方議員の会視察研修@奥多摩町

12308343_1054176154616542_7257325703020470420_n
昨日は青年地方議員の会の視察研修で飯能市の南西に位置する奥多摩町に伺いました。
奥多摩町は都内にありながら高齢化と人口減少に歯止めがかからない状況とのことで、少子化・定住化対策を積極的に展開しています。少子化対策では、出会い・結婚・出産・子育て・子育ち支援を切れ目なく行い、定住化支援では、若者向け町営住宅の建設、町有地の宅地分譲、新築・リフォーム助成、空き家の無償譲与など、総合的で手厚い支援を行なっております。
12316675_1054176114616546_4479205099389812533_n 12278699_1054176127949878_3598879839554266422_n 12107724_1054176137949877_3276951601310792763_n
こんなに充実していれば移住する方としては魅力的ですが、財源が間に合わないのではないかと心配していろいろ伺いましたが、それくらいやっても現状維持できるかどうかの状況。そもそも子供が少ないため、現状では町費として年間予算の1%にも満たないのだということでした。

また講義の後は子ども家庭支援センターや建設中の若者向け町営住宅の現地も視察しました。
我が国にとって少子化・人口減少対策が必要なのは当然としても、今、地方創生の一環として各自治体が打ち出す施策の数々はまさに住民獲得競争へと突き進むのではないでしょうか。
政府としてこういった状態を望んだのか、効果や効率性を高めるにはどうすればいいのか、そもそもその検証をいつ誰がどのようにするのか等々…色々と考えさせられました。

埼玉県もまさに今「まち・ひと・しごと創生総合戦略案」を作成して、県としての姿勢を示すところです。
12月定例会以降にその案を審査することになりますが、埼玉県の規模や地理的特性、中でも現状は全体とは違うトレンドの戸田市の状況も勘案しながら、将来を見据えたものとなるよう、注視していきたいと思います。

12289739_1054176087949882_8172915114297957633_n 12295457_1054176161283208_5441417643983018572_n 12313528_1054176181283206_1674831345420210006_n

平成29年度埼玉県公立高校の入試制度

おはようございます!
今日は戸田駅で駅頭活動でした!

成29年度から、県立高校の入試が変わります!
社会と理科が50分に拡大し、数学と英語に取り組みやすい問題を増やし、何より変化するのは、学校の判断により一部に応用問題を実施すること「学校選択問題」ができるようになります。なお、学校選択問題実施高校は一年前には公表するようです。

大きな変更点としては
・社会、理科の検査時間を40分から50分に変更
・数学、英語において、取り組み易い問題の比率を増加
・学校選択問題の導入

詳しくはこちらをご覧下さい。

キャプチャ
http://www.pref.saitama.lg.jp/f2208/29nyuushikaizen.html

決算特別委員会審査終了、会派視察へ

12107868_1050438888323602_5687660942865711168_n9月議会中に委員会が結成されて閉会後の約1カ月間にわたり開催された決算特別委員会の審査が終了しました。
新人議員さんもたくさんいる中、私も遠慮せずに色々と発言させていただいたので、審査時間も長く、充実した委員会になったと思います。
12月議会の承認の可否に向けてあとひと息ですが、最後まで気を抜かずに臨んで行きたいと思います。
先ほど新幹線に乗って、会派の石川議員と一緒に広島県に向かい、会派に合流します。
明日は呉市の特徴ある国民健康保険事業について会派で勉強してきます。

埼玉県戦没者追悼式@さいたま市

12239747_1050139891686835_4237912027556195979_n
12247177_1050139898353501_1850600892360400391_n今日は埼玉県戦没者追悼式に参列しました。

苛烈を極めた先の大戦では埼玉県民48000余名を含む300万余の尊い命が失われました。

祖国の繁栄を願い家族を行末を案じながら、筆舌に尽くせぬ極寒焦熱の地で倒れた戦没者の方々の無念を想像すると、ただただ哀惜の念に堪えません。

また一家の大黒柱を喪われた御遺族の皆さんの哀しみそして戦後の御苦労は、計りしれないものです。その中で家族を養ない地域に貢献してこられた事に心から敬意を捧げるものです。

今日の献花に際して、散華された御英霊に改めてご冥福をお祈りし、その尊い犠牲とご遺族の努力の上に今日の平和と繁栄があることを改めて肝に命じ、地域の発展と国家の安寧に微力を尽くすことを誓いました。

戸田街バルのご案内

昨年に引き続き、戸田で街バルが行われます!

埼玉県は商業振興の施策の一つとして、街バル開催支援を行なっています。
街の隠れた名店を発掘、再発見できる機会にもなりますので、皆様ご参加、よろしくお願い致します!

開催期間 11月20日(金)~23日(祝月)
チケット前売 3000円 販売中
当日 3400円

http://toco2bar.com/

Map_PDF-1 Map_PDF-2

戸田マラソン2015@戸田市

今日は朝から戸田マラソン2015に参加しました!
全く練習しないで臨みましたので、とにかく怪我を警戒して、のんびりゆっくり走りました。
おかげで10キロ、彩湖の景色を眺めながらすごく気持ちよく走りきることができました。

沿道やブースではたくさんのボランティアの方々がおり、改めてこの戸田マラソンが関わっていただいている市民の皆さんのお陰で成り立っていることを感じました。
皆さん本当にありがとうございます、そして大変お疲れ様でした。
12243345_1048525848514906_5909649973283481907_n 12208409_1048525885181569_356425945240008810_n

笹目コンパル祭り@戸田市

笹目のコンパル祭りに参加しました。
地域の方々の様々な活動が展示、発表されており、コンパルが活発に利用されていることを感じました。

フラワーアレンジメントの会では、人生初となるアレンジメントを体験しました。子供の頃からよく知る地元の方から「性格が出てるよ」と言われましたが、どんなところが出ているのでしょうか!?

12249648_1048138421886982_3518025359585585026_n 11208639_1048138428553648_3485544242326118573_n

県民の日記念式典@さいたま市

IMG_6088-0.jpg
IMG_6090-0.jpgIMG_6089.JPG今日は平成27年度県民の日記念式典に出席しました。県民の日は私たち県民が県の歴史や風土を知り、先人の偉業を讃え、郷土愛を深める日として制定されました。
今日の記念式典では、地方自治功労など17分野の個人・団体表彰や、県民の日記念絵画コンクール・作文コンクール受賞者表彰、そして住み良い地域の為の活動をされた方々に与えられるシラコバト賞・あしたのまちくらしづくり活動賞の表彰が行われました。

表彰前にサプライズのビデオメッセージが上映され、ともに埼玉県に深いゆかりがあり、今年ノーベル賞を受賞された梶田隆章さんと大村智さんから、表彰者の皆さんにお祝いの言葉と、埼玉県民への感謝の言葉がありました。中でも、お二人の子供たちに向けてのメッセージが素敵でした。
梶田さんからは、自分は自然や宇宙の不思議を考えることから科学を志したので、自然や宇宙を「不思議に思う心」が大切とのメッセージがありました。
大村さんからは、学校では勉強も大事だけど人間として心を育てることが大事で、人を思いやる「恕の心」を持ちましょうとのメッセージがありました。

絵画コンクールの受賞では、喜沢小の児童が壇上で知事から賞状を授与されました。他にも多くの戸田市民の皆さんが受賞され、出席した私としても大変誇らしく思いました。
皆さんおめでとうございます!

文京委員会県内視察@埼玉県総合教育センター&上尾鷹の台高校

12196335_1046880038679487_4167737740902861256_n 12243197_1046880042012820_4970278044179338656_n
今日は文京委員会県内視察研修です。
午前中は行田市にある埼玉県総合教育センターに。午後は上尾鷹の台高校に伺いました。
県総合教育センターでは、教員向けの研修や研究などの説明とセンター内を視察しました。

12235003_1046880088679482_3766573987714141656_n 12234877_1046880075346150_4740374442617908232_n

鷹の台高校では、はつらつ先生という授業力があり表彰された先生の数学の授業と、県が取り組むアクティブラーニング(知識構成型ジグソー法)という協調学習を行う先生の授業を視察しました。
数学の授業も大変わかりやすくて驚きましたが、協調学習の授業の先生が、なんと私の高校時代の同級生でびっくり仰天!
20年以上振りに凄い確率で偶然にも再会しましたが、話し方や真面目で一生懸命な所はあの頃と変わりません。
頑張っている姿を見て誇らしかったですし、私も頑張ろうと思いました。