九州会派視察@熊本県

13516265_1204629526237870_7298953236910472968_n会派の視察研修で九州地方に来ています。1日目の昨日は、震災から2ヶ月半経過した熊本を視察。

まず、お忙しい中時間をとっていただいた地元の大西熊本市長に義援金をお渡しして意見交換させていただき、その後は光永熊本市議会議員にご同行いただき益城町、西原村など被災現場を確認しました。
光永議員は元自衛官であり、中越地震や東日本大震災で被災地支援を実務として指揮されたプロフェッショナルです。
その貴重な経験と実際に自分が被災者となって見えた災害現場のお話はどれもこれも鋭いものばかり。
想定を超えた避難者数(想定5.5万人の倍の11万人)と、様々な形態での避難者の発生(自主避難、車中避難、などの人の流動)、報道の感情的煽りによる世論形成、オーバーフローする支援物資の仕分け、双方が満足する災害ボランティアの仕分け、高層マンションの機能不全など、プロだからこそわかる課題を整理してお伝えいただきました。
大西市長さん、光永議員さんには、お忙しい中にもかかわらず時間を作っていただき本当にありがとうございました。
今後しっかり災害対策の強化に生かしてまいりたいと思います。

13509036_1204632062904283_2816726727746121046_n 13529116_1204632346237588_32646482466999781_n 13507231_1204633182904171_947057305480415636_n

最後に、現在熊本の観光客が8割減少しており観光が大打撃を受けている事と、遠慮はせずにぜひ熊本に来ていただき、たくさん観光していただきたいとのことを熊本の皆様から伺った事をお伝えし、改めて被災地の1日も早い復旧と復興をお祈りします。

雨晴れて笠を忘れる

13516517_1203212903046199_4080943692782656357_n今定例会では、改めて政治家の姿勢について考えてさせられることがたくさんありました。
写真は家のトイレに掛けてある「週めくりカレンダー」です。
政治家として、今この場に立たせていただいているのは、支持して頂いた有権者の皆様、そして政治家としてお育ていただいた多くの恩師、同志のお陰です。
私はお支えていただいた恩義を責任感に昇華して、議員としての言葉や行動にしていくものだと考えています。
もしそれを違えるのであれば、議席は返すべきだとも思います。
私たち政治家は「原点」という種をなくしてしまってはいけません。
種がないのに、どうやって「大局」という人物の器を広げ、根を張る事ができるというのでしょう。
根がない「本気」でどうやって志という幹を育てることができるのでしょうか。
小さな約束一つも「徹底」できず、守ることができない者が、どうやって大きな公約を果たすことができましょうか。
東洋思想の大家、安岡正篤先生は、政治家の怠慢と間違いを「四患」として次のように指摘します。
政治について古来からいわれている四患、四つの病弊がある。

第一は偽である。
うそ、いつわりは小事ではすぐわかるが、社会、公共のことになると段々真偽が紛(まぎら)わしくなる。

第二は私である。
昔は政界に出ることは私産を失うのが常識であった。今は自分の為に、公を假(かり)ることが平気である

第三は放である。
無軌道、放埒(ほうらつ)、無礼、無責任等である。礼儀も道徳も、秩序も法律も無視して、自由と権利の下、勝手放題にやって省(かえり)みない。

第四は奢である。
放と同じく一度味をしめると、容易に節倹の生活に戻れない。文明は生活の利便を高めたが、それと共に恐ろしく奢侈(しゃし)にした。
つまりその政治家の言動に
嘘がないか。
自分のことばかり考えていないか。
無責任でないか。
奢りはないか。

人はどうであっても、自分は「雨晴れて傘を忘れる人」にならぬように、改めて戒めたいと思います。

笹目川水門の故障状況

13522016_1202060896494733_2682956906112842925_n

昨日の夕方に見に行って来た笹目川水門の故障状況です。
ついでに、災害時、陸路が閉塞した場合に大きな力を発揮する荒川の戸田リバーステーション(浮き桟橋)も見てきました。
戸田の渡しという歴史もありますし、せっかく桟橋があるので何か舟運のようなもので人の交流に活用できないかと思っています。 13509109_1202060903161399_1823693812471122157_n  13524370_1202060929828063_3867962082764367325_n 13501775_1202060923161397_6822636684344598627_n

オックスフォードブルックス大学のジョン・ゴールド教授

13439205_1201659019868254_7823458724914321641_n昨日は 13501768_1201659206534902_8597847638660808050_n教授でオリンピックと都市のレガシーの研究で国際的に著名なジョン・ゴールド教授の案内役として埼玉スタジアム2002とさいたまスーパーアリーナを視察しました。
2会場の視察とも、埼玉県のオリンピック・パラリンピック課長にも同行してもらい、教授と課長の意見交換も実現しました。
埼玉県のレガシー構築に向けて素晴らしい出会いになったと思います。
教授は特にスーパーアリーナのムービングブロック(可動式観客席)に興味を持たれておりました。
私も改めてオリンピック会場となる2会場を見て、スタジアムの観客席のバリアフリーや、アリーナ前ケヤキ広場の混雑など、課題を見つけることができました。
今後オリンピックに向けて改修が行われる両施設が、県民にとってさらに誇れる遺産(レガシー)となるように研究していきたいと思います。

笹目水門の不具合@戸田市

さいたま県土整備事務所から、一級河川荒川と笹目川の合流点に設置される笹目水門のうち、2枚目にあたる2号ゲートが閉じたままの状態になっており、不具合が生じているとの連絡がありました。
「全閉」と聞いて少し安心しましたが、仮に「全開」状態で故障していた場合は、大雨の際に荒川から内水への逆流が防止できず、市内は甚大な浸水被害を被るおそれがあります。
明日は早速、現地を確認の上、地元の県議として、管理する国土交通省荒川河川事務所に対して一刻も早い水門の復旧を要望し、今回の故障の原因究明を求めたいと思います。
戸田市は水門一枚によって数万人の命が守られている氾濫低地です。
県内の水門や排水機場は建造後数十年経過しているものばかりであり、これまで何度か担当課に老朽化や耐震化について委員会で質問したり、ヒアリングして参りました。
概ね対策を講じていると認識しておりましたが、こういった形で不具合が出ると、非常に心配になってきます。
改めて本当に課題がなかったのか、確認していきたいと思います。

http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000649153.pdf

日本体育大学の同窓会

13428507_1197738273593662_6961486925937038961_n家に帰ったら母校日本体育大学の同窓会誌が4冊も届いてました。
住所変更してない妹も含めて、家族4人全員が日体大ですから…そうなりますね。
体育大学出身の政治家って異色ですし、たまに誤解も受けますので隠す方もいらっしゃいます。
でも私はむしろそれを誇りに頑張ってきましたし、これからもそうして行きたいと思っています。
体力では誰にも負けぬぞ!!
なんてね^_^

タンデム自転車

今日は、一般質問最終日でした。
質問終了後、読売新聞以外の新聞社から、タンデム自転車の解禁についての取材を受けました。
記事になるかどうかはわかりませんが、メディアからも盛り上げていただき、ぜひ解禁に向けた機運を高めていただきたいと思います。
タンデム自転車の公道走行についての質問をユーチューブに上げましたので、よかったらご覧ください。(4分40秒)
字幕をオンにすれば、字幕付きで見ることもできます。

他の質問はこちらです!

一般質問「タンデム自転車の公道走行解禁」@讀賣新聞

新規ドキュメント 9_1
「視覚障害のある方が自転車に乗れる埼玉に!」
昨日の私の「タンデム自転車の公道走行解禁」についての質問が読売新聞に取り上げられております。
タンデム自転車は、視覚障害者の方々が後部座席に乗り、風を感じ、自然に親しむことができる自転車です。
現在、群馬県では走行できますが埼玉県では走行できない状況です。
実際に自分も体験し安全性を確認した上で埼玉県でも解禁してはどうかと提案させていただきました。
昨日は傍聴に埼玉県視覚障害者福祉協会の会長さんにもお越しいただき、質問を見届けていただきました。
警察本部長の前向きな答弁があったのは素晴らしいことだと思います。
検証の上、ぜひ埼玉県内においてもタンデム自転車が走れるよう改正をしていただきたいと思います。
尚、この問題は戸田市議会の「自転車議員」こと、真木大輔議員から1年以上前に情報提供していただき、進めてきたものです。
この場をお借りして真木大輔議員にも感謝を申し上げたいと思います。

菅原文仁一般質問@埼玉県議会

13428533_1190664837634339_4631759458050109442_n
久しぶりの一般質問が終わりました。
納得いかない答弁もあり、期待していた以上の答弁もあり、反省もあり、勉強にもなり…
質問の詳細はレポートに載せたいと思いますが、県民のために一歩づつ前に進んで行きたいと思います✊
(傍聴に来ていただいた方に写真をいただきました。ありがとうございます)
13413143_1190664844301005_7157315080328664786_n

明日15時から、一般質問

明日は県議会の一般質問で3人目の15時から、久しぶりに本会議場で質問させていただきます。
質問の機会を与えていただいた会派の仲間に感謝したいと思います。
内容は6項目あり、教育関係では県立高校の部活動の活性化について、総務関係では自動車税の確保対策について、保健医療関係では、川口保健所について、警察関係ではタンデム自転車の公道走行について、防災関係では、県民共助の仕組みづくりについて、地元関係では美女木地区、笹目地区の交番建替と移転について、県道の整備について伺います。
県民のためそして地元のために、政策を提案したいと思います。
よろしければネット中継もご覧ください。
https://www.pref.saitama.lg.jp/e1601/gikai-chuukei.html

政治経済学部「地域研究総合講座」で講師@明治大学

13406968_1188716581162498_7095580357565422823_n
昨日は明治大学の和泉キャンパスで政治経済学部の地域研究総合講座の講師を務めさせていただきました。
昨年と同じ2年生向けの講座を2コマ計3時間にわたり講義しましたが、今年はパワーポイントも用意して時間もぴったりに終えることができました。
ただ、用意したもの、伝えたいことがなかなか伝わらないなと改めて感じ、教壇に立つことの難しさを痛感しました。
それでも学生の皆さん、真面目に集中して講義を受けていただきました。感謝です。
私の講義を通じて、少しでも地方政治、地方行政への理解が深まるよう願うばかりです。

6月定例会開会と戸田市オリジナルナンバープレート

今日から6月定例議会が開会しました。
私は6月10日の一般質問にまずは集中したいと思います。
ところで、今日の読売新聞の地域欄に、戸田市のオリジナルナンバープレート事業のことが掲載されていました。
http://sp.yomiuri.co.jp/local/saitama/news/20160605-OYTNT50210.html?from=ycont_top_photo

本日まで 戸田市オリジナルナンバープレートのデザイン決定市民投票を行っています    戸田市公式サイト思えば市議会議員を務めさせていただいていた平成21年9月議会一般質問で「戸田市にオリジナルナンバーを」と提案させていただいた経緯がありました。
今議事録を見返してみると「まちづくりは楽しくなければ続かない」「コストは少なく、そして大きな戸田市の宣伝効果」などと述べている自分がいました。
7年前に話題にしたことが市政50周年記念事業という形で実現化していることに、慎ましい喜びを感じます。
ぜひ投票をよろしくお願い致します!