【1年間の走り納め】

【1年間の走り納め】
いよいよ大晦日、令和3年も今日で終わります。
さて今日は朝から約7Kmの走り納めをして来ました。
今年の私のランニング総距離は年間で2274.86Kmでした。今年は昨年よりは少ないものの1日平均6キロペースを維持できました。
ランニングは40歳から始めましたが市長に就任してからは自分との約束でほぼ毎日続けてきました。
これは替えのきかない首長の第一の任務が「健康維持」だと思ってのことなのですが、何故「ほぼ」かというとこの間で盲腸、インフルエンザ、風邪、コロナワクチンの副反応でお休みしたことがあるからです。
来年も心身共に健康に気をつけて、全力で市民のために頑張ってまいります。
皆様も何より健康第一で良いお年をお迎え下さい。1年間大変ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
ワクチンに関するリソースについては、新型コロナウイルス感染症情報センターをご覧ください。
 
 
 
シェア
 
 

【晦日(みそか)の夜警激励】

【晦日(みそか)の夜警激励】
今日は新曽地域の芦原町会に伺い、師走恒例の夜警パトロールの激励をいたしました。
北戸田駅の周辺を町会の方々と一緒に「火の用〜事!」とパトロール。
拍子木の音が冬空に響き渡ります。畠町会長はじめ町会の皆様、いつも地域の安心安全のためにご尽力ありがとうございます。大変お疲れ様でした!
 
 
 
 
 
0:02 / 0:09
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

0:05 / 0:09

【住民税非課税世帯等への10万円臨時給付】

【住民税非課税世帯等への10万円臨時給付】
戸田市では、国の住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(仮称)に係る経費として約20億円を専決処分いたし、令和4年1月28日(金曜)を1回目の給付日として準備を進めています。
この給付金は、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活や暮らしの支援を受けられるよう1世帯当たり10万円を給付するものです。対象者は住民税均等割非課税世帯(※)と家計急変世帯(※2)です。
手続きは原則として市から対象者に送付される確認書を市に返送していただきます。なお2021年(令和3年)1月2日以降の転入者、家計急変世帯については対象者から市への申請が必要となります。
(※)基準日(2021年(令和3年)12月10日)時点で世帯全員の2021年度(令和3年度)分の住民税均等割が非課税である世帯
(※2)新型コロナ感染症の影響を受けて家計が急変し、住民税均等割非課税世帯と同様の事情と認められる世帯
今後のスケジュールは、令和4年1月13日(木曜)から「臨時特別給付金コールセンター」を設置するとともに、同給付金の周知リーフレットを全戸配布します。
次に1月20日(木曜)より戸田市役所(1階101会議室)に受付・相談窓口を設置し、住民税均等割非課税世帯へ確認書を発送開始します。(該当世帯はご返信下さい)
その後、1月28日(金曜)から1回目の給付を開始します。なお、スケジュールについては変更の可能性があります。変更がある場合には市ホームページでお知らせします。
【戸田市住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金コールセンター】
(令和4年1月13日開設)
電話:0570-062-030
時間:午前8時30分から午後5時15分まで(土日祝含む)
 
 
 
 
 
 
 
 
ワクチンに関するリソースについては、新型コロナウイルス感染症情報センターをご覧ください。
 

【市長メッセージ(年末のご挨拶)】

【市長メッセージ(年末のご挨拶)】
市民の皆様へ
市民の皆様には、日頃から新型コロナウイルス感染防止の取り組みにご協力をいただきありがとうございます。
医療関係者をはじめとするエッセンシャルワーカーの皆様におかれましても、改めて感謝を申し上げます。
本年も、昨年に引き続き、新型コロナウイルスとの闘いに明け暮れた1年だったように思います。
感染拡大が長期化し、本市でも1日の新規感染者数が100人に迫るなど、市内経済や市民生活が大きく脅かされる厳しい状況が続いていました。
そこで本市では、感染拡大防止の要となるワクチン接種について、接種を希望する皆様全員が1日でも早くワクチンを接種していただけるよう、医療関係者や地域の皆様にご協力をいただきながら接種体制の整備などを迅速に行ってまいりました。
その結果、現在、全接種対象者の2回目のワクチン接種率は85パーセントを超えている状況です。
年明けの1月以降は、3回目のワクチン接種について、一般市民向けの接種を順次進めてまいります。
1月5日からは、市役所をはじめ各公共施設で「予約おたすけ窓口」を開設してネット予約のお手伝いもいたしますので、ぜひご活用ください。
また、感染症の影響が長期化する中で、子育て世帯や収入減などで負担が増大した方々への給付金については、皆様にいち早くお渡しできるよう給付事務を進めているところです。
子育て世帯への給付金については、12月16日から県内最速で給付を開始しました。
住民税非課税世帯への給付金についても、1月13日にコールセンターを立ち上げ、1月28日から給付を開始する予定になっております。
さて、現在は、感染状況は小康状態にありますが、新たな変異株であるオミクロン株や第6波への懸念など、まだまだ予断を許さない状況が続いております。
市民の皆様におかれましては、今一度、3つの密を避けた行動、正しいマスクの着用、手洗い・手指消毒などの基本的な感染防止対策の徹底をお願い申し上げます。
また、今年の年末年始も、昨年同様、なるべくご自宅でゆっくり過ごされ、三が日を避けた参拝を行うなど、感染リスクが高まる行動を控えた静かなお正月を過ごされますよう、併せてお願い申し上げます。
それでは、皆様が穏やかに新年を迎えられることを祈念いたします。良いお年をお迎えください。
令和3年(2021年)12月28日

【ワクチン3回目接種の前倒し】

【ワクチン3回目接種の前倒し】
戸田市では、新型コロナワクチンの2回目接種終了から8か月以上の経過を待たずに3回目接種を行う「前倒し接種」について、対象となる医療従事者等は12月下旬から、高齢者施設等の入所者などは令和4年1月から、接種体制が整った施設等から順次接種を開始することとしました。
本日、接種券の発送や接種時期のスケジュールをホームページに掲載しました。
医療従事者や高齢者施設等の入所者などは、2回目接種終了から6か月以上経過後に接種できるようになります。
医療従事者等で前倒し接種を希望する人(2021年6月1日以降に2回目接種した方)は、接種券優先送付の申請を受け付けています。
また、65歳以上の高齢者は、令和4年2月1日以降、2回目接種終了から7か月以上経過後に接種できるようになり、接種券は令和4年1月17日頃(2021年6月1日から6月30日に2回目接種した高齢者)に送付する予定です。
なお、今後、3回目接種ができる医療機関を順次拡大していく中で、令和4年2月に、戸田中央総合病院が「戸田中央大規模接種センター」(武田/モデルナ社製ワクチン)を設置し、週1,500回程度(1日300回程度)の接種を行う予定です。
今後、国の方針やワクチンの供給状況等により、内容が変更となる場合があります。
前倒し接種の概要や接種券発送スケジュールの詳細は別添資料をご覧ください。
 
 
 
 
 
 
 

【防犯パトロール激励

【防犯パトロール激励】
今日は喜沢地区の歳末防犯パトロールの激励に伺いました。
身体が芯まで冷える中、30人以上の町会の方々と一緒に町内を隈なくパトロールしました。
安心安全な街はこうした献身的な活動によって築き上げられております。本当にありがとうございます。
 
 
 
 
 

【UGAJINCUP開催】

【UGAJINCUP開催】
戸田市が生んだJリーガー、宇賀神友弥選手が主催するサッカー大会「第5回UGAJINCUP」が道満グリーンパークで本日より2日間にわたり開催されます。
開会式では、私から宇賀神選手に先日の天皇杯優勝のお祝いと浦和レッズでの長年の活躍、そして今後のエールを兼ねて花束を贈りました。
天皇杯の準決勝のスーパーゴール、私も震えました。
浦和レッズでは子供たちに夢を与えつづけてくれた宇賀神選手、来年から新たな道に進まれますが、私たちは宇賀神選手が頑張る限りずっと応援しています。
今年の7月、宇賀神選手がOBのサッカーの名門である流通経済大学と戸田市は宇賀神選手の橋渡しで包括連携協定を結びました。
この大会はこの協定に基づいて、流通経済大学の後援も頂き開催されています。なんと名門サッカー部の部員の皆さんが2日間にわたって審判などのサポートを頂くこととなっています。
地元への貢献を忘れない宇賀神選手。実はこの他にも、水没した道満サッカー場に子供用のゴールをプレゼントしていただいたり、コロナ対策として20,000枚ものマスクを寄付して頂きました。
このように本当に地元想いの宇賀神選手の陰の活躍を皆さんにも知っていただけたらと思います。
一流の人間でなければ一流のプレーヤーにはなれません。 参加している子どもたちも、ぜひサッカーの技術と合わせて、豊かな心を磨いて、戸田市が生んだ唯一のJリーガーに続いてもらいたいと思います。
大会が選手の皆さんが怪我なく成功裏に開催されることを願っています。
 
 
 
 
 
 
 
 

【コロナ接種証明の取得方法】

【コロナ接種証明の取得方法】
今年最後の市長ニュースは、コロナワクチン接種の電子証明の取得方法について解説しました。
スマホで2~3分。電子証明のご利用方法がわからない方は、この動画を見ていただければ簡単にダウンロードできますので、ぜひご活用ください!

【地域くらし応援券】

【地域くらし応援券】
すべての市民に一人当たり5000円分の商品券を配布する「戸田市地域くらし応援券」は、12月20日より市内全域に配送が始まりました。
皆さんのお手元に届くタイミングは、年内から年始までとなります。全世帯への配布であることや配送事情によりどうしてもタイムラグが予想されますが、2022年1月15日(土曜)までには配送が完了する予定です。
大変恐れ入りますが今しばらくお待ち下さいますようお願い申し上げます。
同封している商品券は500円券10枚の冊子(偽造防止タイプ)となっており、そのうち全店共通券が6枚、中小店舗専用券が4枚となっています。
利用できる店舗は、同封チラシには482店舗とありますが、現在は600店舗に迫る店舗数となっております。
利用可能な取扱店は青のポスターと黄色のポスターが目印です。
詳しくは特設サイトをご覧下さい
ぜひ、この機会にご家族で戸田の魅力ある商品やサービスをご利用いただき、地域を盛り上げてまいりましょう。
なお、利用期限は3月31日までとなっていますので、お忘れのないようにお願いいたします。
2022年1月15日を過ぎてもお手元に届いていない場合は、コールセンターへお問い合わせください。
【戸田市地域くらし応援券コールセンター】
電話:048-658-7715
受付時間:9時30分~17時30分(土曜・日曜・祝日も対応)(2022年1月1日~1月3日は除く)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【ワクチン接種証明】

【ワクチン接種証明】
デジタル庁の「接種証明アプリ」が本日より稼働しております。
早速、デジタル庁の接種証明アプリをダウンロードして自分の接種証明を表示してみました。
ワクチン接種の記録は、接種システム(VRS)へ登録しますが、国から貸与された専用端末自体の誤読が多かったり接種機関による入力ミス(特に職域接種)があったりして、相当数の誤記録の恐れが指摘されております。
戸田市では、独自にバーコードリーダーを配置してワクチン接種記録システム(VRS)の登録の精度を高めましたが、それでも接種者の約5%のデータが誤っておりました。
そこで市では接種証明アプリのリリースに間に合わせ、独自に誤記録を解消するために登録されている情報を一件一件確認して修正しました。
この記録の誤りについては、単純に日付や数字が間違えているものや、他の人の記録に上書きされてしまって記録自体が失われているような、あってはならない間違いもありました。
そのような記録について市では接種した医療機関などに逐一確認するなどを行ない、市民の接種データのクリーニングを行いました。
ただ、接種機関によってはいまだに予診票や接種情報を送付していないところがあり市で把握することができないことから、この方々の接種証明は取れない状況となっております。
戸田市の課題意識と取り組みは、本日の読売新聞の社会面に紹介されております。全国的な課題であると思います。
、「新型コロナワクチン 接種証明書アプリ ? 氏名 菅原 文仁 新型コロナウイルス 感染症予防接種証明書 ワクチン接 種証明の 事例 接種回数 2回 mMAm 2021年12月20日発行 埼玉県戸田市長」というテキストの画像のようです
 
 
 
 
ワクチンに関するリソースについては、新型コロナウイルス感染症情報センターをご覧ください。
 

【2022年3月ダイヤ改正】

【2022年3月ダイヤ改正】
JR東日本大宮支社より、来年3月のダイヤ改正の発表がありました。
👉朝通勤時間帯、埼京線下り列車の一部「通勤快速」を「快速」に変更します】とあります。
今回の改正では、戸田公園駅に停車する快速が朝の6時台に1本、7時台に2本、8時台に2本、合計5本増加することとなりました。
朝ラッシュ時に快速列車が5本増えることは、戸田公園駅への通勤快速の停車に近づく朗報だと思います。
JR東日本さんには市長として直接市民の利便性と安全性向上を要望してまいりました。
これまで実現していただいたものとして「終電時間の延長」がありますが、また1つ埼京線の利便性が向上します。
引き続きJR東日本はじめ公共交通機関との連携により、市民サービスの向上を推進してまいります。
 
 
 
 
 
 
ワクチンに関するリソースについては、新型コロナウイルス感染症情報センターをご覧ください。
 

【テレビ報道】

【テレビ報道】
本日、戸田市が先行支給した子育て世帯臨時特別給付(5万円)について、午前中に民放各社から取材を受けてテレビの報道番組で取り上げられました。
(ネットニュースには掲載されませんがニュースevery,にも報道されています。)

【子育て世帯給付は年内中に現金給付】

【子育て世帯給付は年内中に現金給付】
戸田市では、子育て世帯への給付金を12月16日に5万円(先行給付)振り込む予定ですが、残る5万円の給付についてはクーポンではなく、現金で12月27日に給付することといたします。(閉会の挨拶で報告)
このことにつきましては、昨日岸田総理から残る5万円の給付について「特定の条件を付けて審査することはない」と述べられ、事実上10万円の一括給付、追加の現金給付に条件を付けないこととなりました。
また、本日の市議会閉会日において、細田昌孝議長と竹内正明副議長より、「子育て世帯への臨時特別給付に関する緊急要望」として、残る5万円について、「クーポン」ではなく「現金給付」で早急に実施するようご要望もいただきました。
戸田市としてもこのご要望を市議会の総意として重く受け止めさせていただき、残り5万円について現金給付を行うことといたしました。
なお、一日も早く10万円をお届けするため、金融機関との調整によって最短のスケジュールを組みなおし、12月16日に1回目の5万円の給付を行い、12月27日に2回目の5万円の給付を行うこととしました。一括での給付については、先行給付の日程が迫っているため手続き的に不可能であり、月内に2回の振り込みとなりますのでご理解いただければと思います。
対象は2021年9月分の児童手当支給対象となる児童(所得制限限度額以上の対象児童を除く)です。「高校生のみ」の世帯等につきましては年明けに別途申請を受け付けて給付してまいります。
 
 
 
 
 
 
 
 
シェア
 
 

【ボートレース戸田】

【ボートレース戸田】
本日の午前中はボートレース戸田にて企業長としての公務でした。
場内にある子どもの遊び場「ボートキッズパークモーヴィー戸田」も、感染防止の徹底とともに事前予約制と人数制限により営業しております。
モーヴィー戸田は、子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」の埼玉県内の年間ランキングで「1位」を獲得している施設です。
ボートレース戸田は、これからも地域に貢献し開かれたボートレース場を目指してまいります。
モーヴィー戸田
 
 
 
 
 

【子育て世帯への給付について】

【子育て世帯への給付について】
戸田市では、子育て世帯への臨時特別給付について「5万円分」を先行給付として12月16日に振り込みます。
「一括10万円の給付をすべき」とのお声を頂いておりますが、今のところ財源の裏付けは「5万円分のみ」となっておりまして、政府の方針が決まってない以上、支出は困難です。
残りの5万円分については補正予算成立後、速やかに対応を決定しますが、「現金給付」を含めて子育て世帯のニーズに沿った対応を行ってまいります。
報道のように戸田市ではまず「県内最速給付」を目指し議会の皆様のスピーディーな審議をいただき12月16日といたしました。
対象は2021年9月分の児童手当支給対象となる児童(所得制限限度額以上の対象児童を除く)です。
なお「高校生のみ」の世帯等については別途申請を受け付けて、年明けに申請をしていただいてからの振り込みとなりますので、もう少しお待ちください。
 
 
 

【堀内ワクチン担当大臣と意見交換】

【堀内ワクチン担当大臣と意見交換】
本日は夕方から堀内詔子ワクチン担当大臣と首長有志による「オンライン意見交換」を行いました。
課題となっている3回目ワクチン接種の前倒しや子供向けワクチン接種、在庫や配送スケジュールなど多岐にわたって意見が交わされました。
私からは実務的ないくつかの質問と要望をさせて頂きました。
特に強調させて頂いたのは、大臣から積極的に正しい情報発信をして頂き、国民の安心感を高めていただきたいとのことをお伝えいたしました。
大臣には、お忙しい中時間を超過しながら最後まで私たち首長の意見をお聞きいただき、自治体に寄り添った姿勢をお示し頂きました。
一方で、国が示す今後のスケジュールはまだ不透明な部分も多く、またしても自治体は臨機応変な対応が求められそうです。
焦りは禁物ですが、今後とも市民のニーズを把握しながら円滑な接種を着実に進めてまいりたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
ワクチンに関するリソースについては、新型コロナウイルス感染症情報センターをご覧ください。
 

【ランバイクレースin戸田】

【ランバイクレースin戸田】
本日の読売新聞にも大きく掲載されていますが、昨日道満グリーンパークの多目的広場でランバイクの大会「RunbikeAcademy杯」が開催されました。
ランバイクは主に幼児などが自転車に乗る前のトレーニングとして利用するペダル無しのバイクですが、近年は身体能力を養えることから全国各地でレースが開催されるようになっています。
主催者のRunbikeAcademyさんは、全国各地でランバイク大会を開催している東日本最大の団体であり、昨日の大会は戸田市の地域活性化と競技の普及を目的として初めて開催されたものです。
市内からも約50人の子どもたちが参加したそうで応募SNSの告知のみですがすぐに上限に達してしまったようで、ランバイクレースの人気が伺えます。
私もプレゼンターとして3歳から4歳のライダーたちにトロフィーを贈呈させていただきました。
またランバイクは自転車競技につながる入り口でもあります。自転車競技と一口に言っても、種目は様々であり、ロードレースやBMX、マウンテンバイク、トラック競技などスポーツとしての魅力も広がっています。
彩湖道満グリーンパークでは、小さなお子さんがランバイクを安全に楽しめるように今年5月よりランバイクが利用できる専用エリアを開設しましたので、ランバイクに乗る場所がない方は道満にぜひお越しください!
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【イルミネーション点灯式】

【イルミネーション点灯式】
商工会青年部とJR戸田公園駅の共催による地域活性化イベント「トコさんぽクリスマス」が12月1日から26日まで実施されており、本日このイベントに伴う戸田公園駅西口のイルミネーション点灯式が開催され、大いに盛り上がりました。
このトコさんぽクリスマスは、パンフレットのMAP掲載店舗で飲食およびお買い物していただいたレシート等を戸田公園駅に持っていくと「ガチャガチャ」に挑戦できて4種類のノベルティが受け取れるというもので、掲載店舗の中にはpaypay30%ポイントバック対象のお店もありますのでお得にも参加できます。
これからのクリスマスシーズン、トコさんぽで地域の魅力を再発見してみてはいかがでしょう?
戸田公園駅前のイルミネーションは来年2月14日まで点灯されています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

0:32 / 0:32

【イルミネーション点灯式】

【イルミネーション点灯式】
商工会青年部とJR戸田公園駅の共催による地域活性化イベント「トコさんぽクリスマス」が12月1日から26日まで実施されており、本日このイベントに伴う戸田公園駅西口のイルミネーション点灯式が開催され、大いに盛り上がりました。
このトコさんぽクリスマスは、パンフレットのMAP掲載店舗で飲食およびお買い物していただいたレシート等を戸田公園駅に持っていくと「ガチャガチャ」に挑戦できて4種類のノベルティが受け取れるというもので、掲載店舗の中にはpaypay30%ポイントバック対象のお店もありますのでお得にも参加できます。
これからのクリスマスシーズン、トコさんぽで地域の魅力を再発見してみてはいかがでしょう?
戸田公園駅前のイルミネーションは来年2月14日まで点灯されています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

0:32 / 0:32

【年末年始特別警戒出陣式】

【年末年始特別警戒出陣式】
本日、蕨警察署において年末年始特別警戒出陣式が執り行われました。
コロナ禍もあり最少人数の開催でしたが石毛蕨警察署署長を先頭に部隊巡閲を行い勇ましく出発する警戒パトロールを見送りました。
11月23日、戸田市内の路上で職務質問をした警察官に男が刃物で襲いかかり4人の警察官が切り付けられるという、決してあってはならない凶悪事件が起こりました。
切られた警察官の命に別状はなかったものの、うち2人は重傷を負い現在も療養中とのことです。
暴虐非道の犯行を断じて許せませんが、まずは負傷した警察官の方々が1日も早く回復されることをお祈りいたします。
日夜市民の命を守るため、このような凶悪犯にも怯まず敢然と立ち向かい、制圧逮捕をした蕨警察署の職員の皆様を心から誇りに思うとともに、危険と隣り合わせの職務に励んでいる皆様に敬意と感謝を申し上げます。
挨拶では、今回の件を含め警察官の皆様への御礼とともに、戸田市の犯罪状況や交通事故の現況(※)今年度からスタートした小学校の通学路の300台の防犯カメラ設置の効果についてお話しいたしました。
(※)刑法犯認知件数(10月末まで)729件(104件減少、マイナス12%)振り込め詐欺被害額23件4077万円
(※)交通事故件数(10月末まで)
194件(30件減少、マイナス13%)死亡事故件数4件
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【市長ニュース配信】

【市長ニュース配信】
12月3日、26回目の市長ニュースを配信しました。
今回は鳥羽周作シェフの「とだPR大使就任式」についてお伝えします!

【本日から3回目接種を開始】

【本日から3回目接種を開始】
戸田市では本日の午前中、公平病院にて医療従事者の方々に向けた新型コロナワクチンの3回目接種がはじまりました。
おそらく県内初となる3回目接種。多くの報道陣の方の取材があり早速お昼前のテレ玉ニュースに取り上げられました。
3回目の接種券は2回目接種を受けた方々に8ヵ月経過する前に発送いたします。
テレ玉ニュース