【詐欺や悪質商法に注意】

【詐欺や悪質商法に注意】

 人々の不安につけ込み、「マスクを無料で送ります」「行政からの委託で消毒に行く」「水道管にウイルスが付着している」など、嘘の電話による悪質な詐欺や悪質商法が拡がっております。

 不審な電話や怪しいSMSには決して応じることないよう、ご家族で情報共有していただき警戒をしていただきますようお願いします。

 尚、少しでもおかしいと感じたら、全国共通の消費者ホットライン「188」(いやや)、または、戸田市消費生活センターに相談ください。

【消費者ホットライン】(いやや)
188(局番なし)

【戸田市消費生活センター】
048-433-5724(直通)

戸田市役所庁舎3階(防犯くらし交通課内)
相談時間は月曜日から金曜日まで(相談無料)
午前(10時から正午まで)
午後(1時から午後4時まで)
受付は午後3時30分まで
https://www.city.toda.saitama.jp/soshiki/193/kurashi110-korona-joho-03.html?fbclid=IwAR0Ji1OODJmreL2tvfBZDoDIC6DTDjxvNvL8BHesbesRj97Oq4HAVp8MhkM

【善意のマスク寄贈】

【善意のマスク寄贈】

3月11日に市内に事業所がある法人から「マスクを市で有効活用してほしい」との大変ありがたいお申し出をいただき、会社で備蓄していた貴重なマスクを2000枚、寄付として受領いたしました。

本市では、このご厚意を受けて市内で感染リスクの高い高齢者が入所する施設(特別養護老人ホームやグループホームなど13カ所)へすべて配布いたしました。事業所からは「大変助かる」との声をいただいております。

匿名でご寄付を頂いた企業(某有名企業の関連会社)の皆様には、私から「必要な方々のために有効に活用させていただきます」と直接御礼を申し上げました。

この善意について、改めて感謝を申し上げます。

【卒業式によせて】

【卒業式によせて】

 本日は市内中学校の卒業式です。
新型コロナウイルス感染防止のため、規模を大幅に縮小した式となり、来賓の皆様や教育長、私も出席しておりません。
 我が子の晴れの日を楽しみにしていたご家族の皆様には大変申し訳なく思いますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
 卒業式でお話する予定だった「市長のことば」の文章がありますので、以下にお伝えしたいと思います。

「市長のことば」

 やわらかな春の日差しがまぶしいこの佳き日に、令和元年度戸田市立中学校の卒業証書授与式が挙行されますことを心からお慶び申し上げます。

 卒業生の皆さん、卒業おめでとうございます。
 中学校に入学してからの三年間、御家族や先生方、そして多くの地域の方々に支えられながら、たくさんのことを学んできたことでしょう。心も身体も立派に成長し、ここに義務教育全課程を修了したことを心からお祝いいたします。

 さて、昨年9月に、ラグビー・ワールドカップ日本大会が開催されました。
日本代表チームでは、昨年度流行語大賞にもなった「ワンチーム」というスローガンをもとに、練習や合宿の中でチームワークを高め、予選リーグ4戦全勝で初のベスト8入りを果たす快挙を成し遂げました。

 この「ワンチーム」という言葉について、稲垣啓太(いながき けいた)選手は、言葉を使えばワンチームになれるというわけではなく、4年間をかけて、チームとしての文化を作り上げてきました。その作り上げていく過程には、様々な苦労があったと述べております。

 卒業生の皆さんは、明日から一人一人それぞれの道を歩むことになります。
 これまでの中学校生活の中で培ってきた多くの経験と知識を活かし、ラグビー日本代表チームのように、真剣に取り組めるものを見つけてください。そして、周りの人への感謝の気持ちを持ちながら、その目標に向かって、一歩一歩努力し、たとえ結果がすぐに出なくても、あきらめずに粘り強く挑戦してほしいと思います。
 その先に、皆さんの輝かしい未来が待っていると信じてやみません。

 保護者の皆様におかれましては、お子様の御卒業、誠におめでとうございます。これまでの十五年間、慈しみ、大切に育ててこられたお子様の新たな門出となり、感激もひとしおと拝察いたします。今後ともお子様をはじめ、御家族の健康に留意され、ますますの御発展を祈念申し上げます。

 結びにあたり、校長先生をはじめ、教職員の皆様の熱心な御指導に感謝申し上げますとともに、保護者の皆様の深い御理解と御協力、そして、地域の皆様の温かい御支援に、厚く御礼を申し上げまして、お祝いのことばといたします。

令和二年三月十三日
戸田市長 菅原 文仁

 止まない雨はなく、明けない夜はありません。卒業する皆さんは、我慢しで辛い思いをした分、必ず強くなり成長するはずです。皆さんの飛躍を心から願っております。

【新型コロナウイルスに関連した患者の発生について】

【新型コロナウイルスに関連した患者の発生について】

昨日に引き続き、戸田市内において新型コロナウイルス感染症の感染事例が確認されました。

埼玉県の情報によると、3月11日に感染が確認された方と一緒にエジプトにおいてクルーズ船に乗船された方とその家族であるとのことです。

市民の皆様におかれましては、引き続きこまめな手洗いや咳エチケット、風邪症状のある場合は外出を控えるなど、基本的な感染症対策の励行をお願いいたします。

皆様には、逐次情報発信を行いますので、冷静な行動を心掛けてくださいますようお願いいたします。
https://www.city.toda.saitama.jp/soshiki/111/hisyo-coronavirus.html?fbclid=IwAR3xg2G0AF9kryr2Rm_ES7ZIbBjGTe0Q3U0Y3A0Z_ofDXPe6Wlcz2v0P9RY

【新型コロナウィルスに感染した患者の発生について】

【新型コロナウィルスに感染した患者の発生について】

本日、戸田市内において新型コロナウイルス感染症の感染事例が初めて確認されました。
埼玉県の情報によると、戸田市に住む70代の自営業の男性です。行動歴や濃厚接触者などについては、詳しく調べることとしています。
本市では、これまでも感染防止に努めてまいりましたが、今後も国や県と連携しながら、感染経路などの情報収集に努め、引き続き感染拡大防止に向けた対策を全力で講じてまいります。
市民の皆様におかれましては、引き続きこまめな手洗いや咳エチケット、風邪症状のある場合は外出を控えるなど、基本的な感染症対策の励行をお願いいたします。
皆様には、逐次情報発信を行いますので、冷静な行動を心掛けてくださいますようお願いいたします。

以下、発表資料です。

埼玉県の発表によると、戸田市在住の方に新型コロナウイルスへの感染が確認されました。

概要

年代:70代
性別:男性
国籍:日本
職業:自営業(県内勤務)
居住地:戸田市
通勤:なし
症状・経過:
3月1日 腹痛
3月2日 37.2度、腹痛、咳症状
3月3日 37度台、咳症状継続
3月4日 37.5度、腹痛・咳症状継続、県内医療機関A受診(自家用車)
3月6日 38度台、県内医療機関A受診(自家用車)
3月10日 39.2度、帰国者・接触者相談センターへ相談、県内医療機関B受診(自家用車)インフルエンザ陰性、CT上肺炎像、検体採取
3月11日 PCR検査の結果 陽性
その他:2020年2月23日~3月1日エジプト ルクソールからアスワンまでクルーズ船に乗船。帰国後、外出時はマスク着用。同居家族:妻(濃厚接触者)。エジプトに同行。現在、咳あり。
https://www.city.toda.saitama.jp/soshiki/111/hisyo-coronavirus.html?fbclid=IwAR3Dbdc21ibJZdMbEcJnfHTZ5q1rO6KcnrcsOhG9fXChTNPQNRqWe63IZgU

【明日から学校受入れを6年生まで拡大します】

【明日から学校受入れを6年生まで拡大します】

臨時休業による一時受入れについては、小学1年生〜3年生としておりましたが、教育委員会との調整と校長先生方のご配慮により4年生〜6年生まで受け入れを拡大いたします。

詳細につきましては本日中に学校メールにて通知します。また市のホームページにもアップいたします。

【受入可能日】
3月10日(火)〜3月25日(水)の臨時登校日を除く平日
※臨時登校日(小学校 3月23日、24日、26日)
【受入時間】
8時30分〜15時(送迎は保護者)
【申込書提出日】
3月10日(火)
https://www.city.toda.saitama.jp/uploaded/attachment/37330.pdf?fbclid=IwAR0S9HbJIufQVnr2Eb3jRJMXVISVNdSi-LrmPgLaxI_ofiF4OLx5qCu5MvA

【震災から9年】

【震災から9年】

東日本大震災から丸9年が経過いたしました。

発生した日、何をすればいいのか戸惑いながら、とにかく自分のできることをと思い市内の小学校や保育所を回り帰宅できない方や単身赴任している方に向けてTwitterで市内の状況を発信したことを覚えています。

数日後、電力不足によって計画停電が発表されました。停電する地域がモザイク状になっていて時間帯も複雑だったので、わかりやすい一覧表にして駅や家庭に配ってまわりました。その時のチラシは今でもとってあります。

危機にある時、人は不安が増幅して間違った判断をしがちです。行政に求められる大切なこと。それは正しい情報を手に入れられる環境を作ることと、状況に合わせたスピード感のある対応だと思います。

震災後は毎年訪れていた被災地にも、市長就任以降なかなか訪れることができなくなっておりますが、被災地の復興を心から願い、黙祷を捧げたいと思います。

【県内の感染発表】

【県内の感染発表】
県職員、県警察職員の感染ということです。
多くの人に会う職業である行政職員や警察職員の感染経路をどう把握するか、また業務をどのように継続させていくか、大変難しい局面が予想されます。
市においても現在その前提に立ち先手を打っていますが、ただでさえ少ない職員体制です。その場合は業務のトリアージも必要となります。
全職員が危機意識と覚悟をもって取り組まなければなりません。
https://www.pref.saitama.lg.jp/a0001/news/page/2019/0305-08.html?fbclid=IwAR0HigOTVI9XPRucTX3JHRtmNoSg1fj4CGAbY7SjDiGfkJadpNcZ9RvIpeI

【「戸田市の決断」休校延期が記事に】

【「戸田市の決断」休校延期が記事に】

本日の朝日新聞埼玉首都圏版。

新型コロナウイルスに関する戸田市の休校延期に関する記事が大きく掲載されております。

月〜火曜日の2日間の延期が子どもたちと保護者、そして先生方の気持ちの整理の時間になったとすれば、臨時休業を判断した学校設置者として嬉しく思います。

この判断は、戸ヶ崎教育長のリーダーシップと、子どもたちを第一に考える校長先生方の使命感と、行政との密な連携があったからだと思っています。

【世界児童画展で戸田っ子が活躍】

【世界児童画展で戸田っ子が活躍】

3月3日の読売新聞です。

昭和45年の大阪万博が開催された際、現在の上皇上皇后両陛下にご臨席いただいたことが機となってスタートした「世界児童画展」において、戸田っ子たちが大活躍しています。

今回第50回目を迎える記念すべき児童画展の「特別賞」として、全国造形教育連盟上賞に戸田東小の児童、読売新聞社賞に新曽小の児童、ぺんてる賞に、戸田美谷本小の児童がそれぞれ受賞されました。また、「団体賞」として、文部科学大臣賞に美谷本小学校が選ばれ、都道府県団体賞に新曽小学校が選ばれております。

県内65団体の応募作品2174点の中から選ばれた中でこの入賞占有率はとてつもない❗️

戸田っ子たちの素晴らしい表現力が光っています。

【市内小学校・学童を視察】

【市内小学校・学童を視察】
午後からは戸ヶ崎教育長とともに、小学校の臨時休業に伴う一時受入れの状況と学童保育室の状況を視察しました。

教室の子どもたちも、学童の子どもたちもみんなマスクをつけてそれぞれの時間を過ごしているようでした。先生たちも本来の教育活動が出来ない中、子どもたちのため、教室や職員室で今やるべき仕事をしているようでした。

職員室では、私からは今回の件について感謝を申し上げさせていただきました。

小雨の降る天気のせいかも知れませんが何故か切なくなりました。帰りに学校の写真を撮りましたが、子どもの声が聞こえて来ない学校は寂しいものです。

一日も早く校庭から元気な声が聞こえてくるように願うばかりです。

【議会のご配慮に感謝】

【議会のご配慮に感謝】

昨日の市議会の冒頭、三浦議会運営委員会委員長より、「市民の安心・安全を守るため、執行部が新型コロナウイルス対策に専念できるよう一般質問を取りやめる」とのご報告があり、市議会の休会が決定致しました。

刻々と状況が変化する中にあって、行政をあずかる者として大変有難いご決定を頂いたと思っております。

手塚議長が就任時に演説された「やるじゃん戸田市議会!と言われるような議会を目指したい」との言葉がよみがえってきました。

本日は質疑です。ご質問についてはこれまで通りに誠実な答弁を心がけて参ります。https://www2.city.toda.saitama.jp/gikai/g07_OshiraseView.asp?SrchID=507&fbclid=IwAR2XadwZ7FEC4poOeH202i5pnTcCRCUjyH98p_Ov-7gekTwQ_9A8k1E_L3k

【保育従事者の子連れ勤務について】

【保育従事者の子連れ勤務について】

戸田市では、低年齢児を養育する保育従事者が勤務できなくなる、あるいは勤務体制に影響が出る等により、保育所の運営が成り立たなくなることの対応として、いわゆる「子連れ勤務」を認めることといたします。https://www.city.toda.saitama.jp/site/press/hisyo-press2020-hoikukodurekinmu.html?fbclid=IwAR3IvSnBZIvz0WO1gSIDOSyo3yPwY0ePXJs2oXE6BG4cGKhlepKNSlKC3yQ

【臨時休校による児童生徒の受入れ体制について】

【臨時休校による児童生徒の受入れ体制について】

戸田市では、3月4日からの臨時休校に伴い、共働き家庭やひとり親家庭など、自宅でお子様と一緒に過ごすことができない方への対応として、感染予防に留意したうえで、公立学童保育室を「長期休業と同様に実施する」こととし、民間学童保育施設には時間延長の要請を行いました。(民間学童については各施設にお問い合わせください)

また、事情により学童保育室に入室できない方への対応として、教育委員会との調整により、小学校1年生から3年生の児童及び特別支援学級の児童・生徒について「学校における一時受入れ」の環境を整えることといたしました。

以下の内容については、本日中に各ご家庭に申込書の詳細をお配りいたします。

【申込み】
本日お配りする「新型コロナウィルス感染拡大防止のための学校の臨時休業に伴う学校の一時受入申込書」を記入して、明日(3月3日)までに学校へ提出してください。
※期限が明日までとなっておりますが、現況に鑑み、期限厳守でお願いいたします。

【申込条件】
(1)保護者が受入れ時間内に児童生徒の送迎ができること
(2)市内の学童保育室に入室できない方
(3)就労等やむを得ない理由により、自宅で児童生徒と一緒に過ごすことができないこと

【受入可能日】
3月4日(水)から3月25日(水)の間の臨時登校日(※)を除く平日(土日、休日を除く)
※臨時登校日
(小学校) 3月23日(月)、24日(火)、26日(木)
(中学校) 3月10日(火)、13日(金)、26日(木)

【受入時間】
8時30分~15時(送迎は、保護者が行ってください)

【受入場所 】
在籍する学校の教室

【受入内容】
教室での自習を中心とする(授業は行いません)

【引渡し場所】
学校が指定した場所

【対象学年】
市内小学校1年生から3年生及び特別支援学級の児童
市内中学校の特別支援学級の生徒

【持ち物】
お弁当、水筒、上履き、学習用具(筆記用具、教科書・ドリルなど)タオル、歯磨きセット、マスク、ぞうきん(掃除用)

この臨時休業によって子たちの教育環境への影響が出てしまうのは大変心苦しいのですが、市民の健康と安全を第一に考えた措置であることをご理解いただきたいと思います。

保護者の皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしますが、お子様とともに不要不急の外出を控え、手洗い、うがい、外出時のマスク着用といった基本的な対策を徹底していただくとともに、今こそ他者への思いやりの気持ちと、正確な情報把握による冷静な対応をしていただくようお願いいたします。

戸田市としても、この難局を乗り切り、市民の健康を守るため全力を尽くしますので、何とぞご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

【新型コロナウイルス対策本部会議】

【新型コロナウイルス対策本部会議】
~各部局の対応方針を決定しました~

【小・中学校】
・臨時休業とする
(期間)令和2年3月4日(水)から3月26日(木)
・3 月 2 日(月)、3 日(火)は臨時休業に向けた準備期間として通常授業を実施
・卒業式の取り扱いについては調整中

【保育所】
・通常通り開所

【学童保育室】
・長期休業中と同様の保育を実施

【公共施設】
・全面休館施設
こどもの国、プリムローズ
(期間)令和2年3月4日から3月31日

・その他の公共施設については、原則として貸室業務のみとするなど、利用を制限いたします。また、今後の状況により全面休館とする場合がございます。詳細につきましては、各施設にお問い合わせください。

【その他】
・通常営業施設
市役所、新曽南庁舎、美笹支所、戸田公園駅前出張所、福祉保健センター、 市民医療センター

・学校施設開放事業は中止する

※現在調整中の内容につきましては、決定次第お知らせいたします。https://www.city.toda.saitama.jp/site/press/hisyo-press2020-koronakaigikekka.html?fbclid=IwAR0WZai-lIWyGKx0hz0to0VEKfW2qbQHMXrX4dciAsIsWBBDPDFqW2vwn9M

【学童保育室の運営方針について】

【学童保育室の運営方針について】

市では3月4日から26日まで、学校の臨時休業を決定したところですが、つきましては、学童保育室の運営について現段階での市としての方針をお伝えします。

1.公立学童保育室の運営について

(1)3月4日から26日までの臨時休業期間中の運営

 共働き世帯等に配慮する観点から、感染拡大に対する最大限の防止策を講じた上で、長期休業中と同様の保育(1日保育)を実施する。

(2)学年末・春季休業期間中(3月27日から4月7日まで)の運営

 従来通り1日保育を実施する。

(3)学童保育室入室児童が新型コロナウイルスに罹患した場合等の対応

https://www.city.toda.saitama.jp/uploa…/attachment/37166.pdf

(4)学童保育室一時保育事業について

 3月4日から26日までの臨時休業期間中の一時保育事業は中止となります。

 学年末・春季休業期間中(3月27日から4月7日まで)は、実施予定となります。

2.入室にあたっての留意事項

(1)1日保育実施時は、弁当・水筒(飲み物)を持たせてください。

(2)せき・発熱等の体調不良時の入室は、御遠慮ください。

(3)本決定については、臨時・緊急的な対応となるため、保護者の皆様におかれましては、職場等の在宅勤務・休暇取得等を御活用いただき、できる限り自宅での保育に御協力いただきますようお願いいたします。

(4)御家庭においてもマスク着用等の児童の感染予防策を講じていただきますよう、お願いいたします。

3.民間学童保育室の運営について

民間学童保育室運営事業者に対しては、公立学童保育室同様の運営を要請しているところですが、実施については各事業者において判断することとなっております。運営内容の詳細については、各事業所にご確認ください。

本決定は状況に応じ、変更となる可能性があります。https://www.city.toda.saitama.jp/soshiki/253/gakudouuneihoushin.html?fbclid=IwAR1sAJ92uCIk0oxUlOzPpcfFi87uv5JfBBNTv41rFOPC8hEc6Z2i2J2lgoE

https://www.city.toda.saitama.jp/…/…/gakudouuneihoushin.html

【学校休業は3月4日からとします】

【学校休業は3月4日からとします】

昨日、安倍総理から学校の休校要請の発表がありましたが、この発表により今般の感染拡大防止策に対応する行政の危機管理フェーズは格段に上がりました。

保護者の皆さんにおかれましては、不安に感じられている方がたくさんいらっしゃると思います。

小中学校の休校要請があり、本市におきましても朝から新型コロナウイルス対策本部会議を実施して対応・対策について教育委員会とも協議を重ねてきました。

戸田市としては、子供たちの健康と安全を第一に考えながらコロナウィルス感染症の拡大防止ともに市民生活に最大限配慮した結果、現実的な対応・対策として、3月2日、3日は通常通り授業を行い、4日から休業と致します。(給食あり)

この通知は各学校を通じてすべての保護者の皆様に本日お伝えさせていただきます。またご心配いただいております様々な詳細については後日、お示しいたします。

この「1〜2週間」と言われる正念場について、市民の皆様にも子供たちにも、我慢をしてもらう事があろうかと思いますが、近い将来「我々は見えない敵に勝ったんだ」と言えるように、この難局を乗り切ってまいりましょう。

全国の小中高休校要請へ

全国の小中高 臨時休校要請へ 来月2日~春休みまで 首相2月28日 0時57分

全国の小中高 臨時休校要請へ 来月2日~春休みまで 首相

k10012304751_202002271851_202002271855.mp4新型コロナウイルスの感染拡大を受け、安倍総理大臣は来月2日から全国すべての小学校・中学校、それに高校などについて、春休みに入るまで臨時休校とするよう要請する考えを示し、文部科学省は、今後、全国の関係機関に要請を行う事にしています。今回の要請に幼稚園や保育所、学童保育は含まれていないということです。政府は、27日午後6時すぎ、総理大臣官邸で新型コロナウイルスの対策本部を開きました。

この中で安倍総理大臣は、北海道や千葉県市川市で小中学校などの臨時休校の措置が取られていることに触れたうえで「各地域で子どもたちへの感染拡大を防止する努力がなされているが、ここ1、2週間が極めて重要な時期だ」と述べました。

そのうえで「何よりも、子どもたちの健康・安全を第一に考え、多くの子どもたちや教員が日常的に長時間集まることによる大規模な感染リスクにあらかじめ備える」と述べ、来月2日から全国すべての小学校・中学校、それに高校と特別支援学校について、春休みに入るまで臨時休校とするよう要請する考えを示しました。

そして安倍総理大臣は、入試や卒業式を実施する場合は、感染防止のための措置や必要最小限の人数で行うよう万全の対応を取ることや、行政機関や民間企業などは休みを取りやすいよう子どもを持つ保護者への配慮を行うことを求めたうえで、こうした措置に伴って生じる課題は、政府が責任を持って対応する考えを示しました。

これを受けて文部科学省は、今後、全国の関係機関に要請を行う事にしています。

今回の要請の対象に、幼稚園や保育所、それに小学生を放課後に預かる学童保育は含まれていないということです。

このほか対策本部で安倍総理大臣は、感染が確認された人がスポーツクラブを利用していたことも踏まえて、こうした場所での感染リスクを下げるために必要な対応について、専門家の意見を聴き、至急対策を取りまとめるよう求めました。

さらに「今後、国内でのさらなる感染拡大が懸念される。そのため、対策の実効性をさらに高めるとともに、感染拡大を抑制し、国民生活や経済に及ぼす影響が最小となるようにするため、必要となる法案について早急に準備してもらいたい」と指示しました。

幼稚園 保育所は対象外

政府は今回の要請の対象に、幼稚園と保育所は含まれないとしています。

文部科学省と厚生労働省は「幼稚園と保育所は1人で家にいることができない年齢の子どもたちを預かっているため、今回の要請の対象に含めなかった」としています。

自民 石破 元幹事長「新型ウイルス対応 自民への批判強い」

自民党の岸田政務調査会長、石破 元幹事長、石原 元幹事長、中谷 元防衛大臣の4人は27日夜、東京都内で会合を開きました。このあと石破氏は記者団に対し「新型コロナウイルスへの対応で、今の自民党に対する批判が、世の中ではものすごく強いという認識で一致した」と述べました。

また、安倍総理大臣が来月2日から全国すべての小学校・中学校、それに高校などについて、春休みに入るまで臨時休校とするよう要請する考えを示したことについて「いろんな批判も当然あるだろうが、大事なのは、子どもたちの健康を守ることだ。現場の混乱をどうやって最小限に抑えるかを考えていかないといけない」と述べました。

自民 中谷 元防衛相「きちんと議論を重ねてやるべき」

自民党の中谷 元防衛大臣は27日夜、記者団に対し「休校の対応が非常に急で、突然知った。学校にとって大変なことで、文部科学省もどういう整理をしているのか。こういうことは、きちんと議論を重ねてやるべきだ」と述べました。

立民 福山幹事長「現場の混乱が心配 丁寧な説明を」

立憲民主党の福山幹事長はコメントを発表し「唐突感があり、学校関係者や共働きの家庭、それに学童保育をはじめとした現場の混乱を心配している。新型コロナウイルスの感染リスクがどの程度広がり、政府が現状をどう認識しているのか、また、今回の休校措置の根拠はいったいどこにあるのかについて丁寧な説明を求めたい」としています。

<a href=”https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200227/k10012304751000.html?fbclid=IwAR3HL13nlFfF0QwKNl74NgeGrb8Jj-LfpcfFXc1R6Nn05hBVxIyCLqPMCT8“>NHKのニュースより引用しました。</a>

ttps://www3.nhk.or.jp/news/html/20200227/k10012304751000.html?fbclid=IwAR1HUzIb7HmarwK_JYUNzETQpHjhPbWJdR-3VFbUW-n0bGFhWlaxbS4kvns

【ボートレース無観客開催について】

【ボートレース無観客開催について】

新型コロナウイルス感染症については、日本国内において依然感染の報告が相次ぐなか、内閣総理大臣が大規模なスポーツや文化イベントなどについて、今後2週間程度、中止か延期、または規模を縮小するよう要請が出されました。

これを受け、モーターボート競走では、感染拡大防止の観点から、明日、2月28日(金)の開催から3月15日(日)までの間、下記の対応といたします。

●競走場及び外向発売所
窓口での発売・払戻を中止し、お客様が競走場内及び外向発売所へ入場できない状態での開催とさせていただきます。

●場外発売場
臨時休業とさせていただき、窓口での発売・払戻を中止とさせていただきます。

※電話・インターネット投票につきましては、通常通りご利用いただけます。

※勝舟投票券の払戻し有効期限は60日間ですが、当期間に払戻し期限を迎えるものについては、2020年3月31日まで延長いたします。

急な発表であり、ファンの皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

また、今後につきましては、事態の推移を踏まえ、引き続き検討し、決定次第お知らせいたします。MOTORBOATRACING-ASSOCIATION.JP新型コロナウイルス感染症拡大に伴うモーターボート競走の無観客開催の実施及び競走場、外向発売所及び場外発売場における発売中止について | 一般社団法人 全国モーターボート競走

【埼玉労働局との雇用対策協定締結】

【埼玉労働局との雇用対策協定締結】

本日、埼玉労働局との雇用対策協定を締結いたしました。 自治体と労働局の協定としては、県内では3件目の協定となります。

この協定は国と地方自治体が連携して総合的な雇用対策に取り組むためのもので、若者や女性、高齢者や障害者、また生活困窮者や外国人等の就労支援や、市内における企業の人手不足対策を市と労働局とがそれぞれの役割を担って雇用全般の施策を実施することを目的としております。

特色ある取り組みとしては「外国人への就労支援」を明記して増加する外国人への支援策を進めていくことがあげられております。

この協定締結を契機として、市内の経済と雇用のさらなる好循環へとつながるよう施策を充実させていきたいと思います。

締結にあたりご尽力をいただきました埼玉労働局長の木塚欽也様をはじめとする皆様に心から感謝を申し上げます。