【戸田駅前の歓喜】

【戸田駅前の歓喜🇯🇵
おはようございます。本日は戸田駅前の市政報告からスタートです。
何人もの方々から「日本勝ったね!」との歓喜の声!若い選手たちの活躍、本当に素晴らしかったです。
ジャパンブルーの晴れもあってとても清々しい駅頭活動でした。
今日も一日頑張ってまいりましょう。
8人、立っている人の画像のようです
 

【新聞記事掲載】

【新聞記事掲載】
昨日の定例記者会見で発表した「15歳以下の給食費3ヶ月無償化(案)」と「15万円を上限とする先進不妊治療費助成制度の導入」が本日の読売新聞、朝日新聞、埼玉新聞に掲載されました。
特に埼玉新聞では、一面記事として2つの事業を掲載していただきました。このようにメディアの方々に記事を掲載していただけることは誠にありがたいことです。
これらの事業が成立するよう、12月市議会にて議員の皆様に丁寧にご説明して参りたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 

【給食費3ヶ月分無償化を提案します】

【給食費3ヶ月分無償化を提案します】
本日の記者会見で発表しましたが、この度戸田市では、原油価格・物価高騰対応緊急支援パッケージ第2弾として、12月議会の補正予算案に15歳までの給食費(全ての市内小中学校および、保育園・幼稚園等の市内保育施設)を来年1月から3月分まで無償とする補正予算案を提出いたします。
また、こども食堂等の子供の居場所づくりを実施している団体や、食糧支援を実施している事業者に対して、こども1人あたり3,000円相当の支援を実施する案も提出いたします。
一方、地域経済を守る取り組みとして、原油価格の高騰の影響を受けているものの輸送費への価格転嫁が難しく、打撃を受けている運輸事業者に対して、貨物自動車 1台あたり10,000円、軽貨物自動車 1台あたり5,000円 を給付する案を提出します。
また、保育園・幼稚園等の保育施設 65施設と、学童保育施設 27施設への保育施設事業者へ光熱費を補助する案を提出します。(保育園、幼稚園等に定員1人あたり1,700円 、学童保育室に定員1人あたり 500円を県と協調補助)
以下、定例記者会見で発表した資料です。
 
 
 
 

【戸田マラソンin彩湖2022】

【戸田マラソンin彩湖2022】
本日開催した戸田マラソンにはたくさんのランナーの皆様にご参加いただきました。主催者として心から御礼申し上げます。誠にありがとうございました❗️
数日前から心配されていた天候にも恵まれて、これまで実施できなかった4年間を取り戻すような素晴らしい大会となりました。
表彰式などはできませんでしたが、開会宣言、スターター、トークセッションに、とだPR大使の夏菜さん、東京ヤクルトスワローズのつばみちゃんと大いに盛り上げていただきました❗️
ご後援いただきました、国土交通省荒川上流河川事務所様、読売新聞さいたま支局様。特別協賛いただきました、コカコーラボトラーズジャパン株式会社様、ミズノ株式会社様、JA全農青果センター株式会社様はじめとする協賛企業様。そして、ボランティアで大会運営をスムーズに進めていただきました実行委員会の皆様には、多大なるお力添えをいただき心から敬意と感謝を申し上げます。ありがとうございました。
私もランナーとして2キロファミリーの部と10キロ男子の部に参加しましたが、結果は写真のように記録47分59秒、ネットタイム42分51秒(参考)となりました。
5分の開きは、スターターとしてA組を送り出した後に5分後にスタートしたB組で出発したことが原因です。
毎日走っている彩湖ですが、レースとなると景色や雰囲気が全然違って見えるのが不思議。しかしやはり最後の1キロはキツかった❗️❗️
皆さん、今日はゆっくり休みましょう。そして来年もまた戸田マラソンでお会いしましょう❗️
大変お疲れ様でした❗️
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【True Colors Festival THE CONCERT 2022】

【True Colors Festival THE CONCERT 2022】
私たちのボートレース事業は、日本財団を通じて地域貢献や社会問題の解決に生かされています。
日本財団では、だれもが生きやすい世界をめざして「True Colors Festival -超ダイバーシティ芸術祭-」を実施してきましたが、その集大成として本日、世界12カ国から集結した障害のあるアーティストたちとつくる世界最大規模のコンサート“THE CONCERT2022”が開催されます。
今、まさに18時からスタートする「True Colors Festival THE CONCERT 2022」ライブ ですが、なんとYouTubeで無料配信されることになりました。
ライブには、約4年ぶりに来日される世界的スーパースター、ケイティ・ペリーさんがパフォーマンスを披露されます。またジャパニーズポップアイコンの代表格であるきゃりーぱみゅぱみゅさんも出演予定です。
チケット売上およびオフィシャルグッズ売上の全額(委託販売手数料を除く)は、日本財団(DIVERSITY IN THE ARTS)を通じて、さまざまな障害に向き合いながら表現を追求するアーティストへの支援や、障害、性、人種などへの偏見から自由になるための表現を追求するアーティストがつながり合い、研鑽し合う活動を中心に多様性をテーマとする各種事業に使用されます。
これから家族でこの記念すべきライブに参加します。
ケイティペリーさんのパフォーマンスはもちろんですが、多彩な個性が混ざり合って生み出される新時代のライブ・エンターテイメントが楽しみです。
ぜひ、YouTube生配信でご覧下さい!
 
 
 
 
 
ふじい 栄一郎、大山宣治、他151人
 
 
シェア3件

【戸田市内の犯罪情勢】

【戸田市内の犯罪情勢】
戸田市では、市内の犯罪情勢を一目でわかりやすくお伝えすることで注意を促し、犯罪の未然防止をはかっています。
今月からはこれまでの特殊詐欺アラートや啓発ポスターに加えて、市内で一番多い犯罪である自転車盗(総件数の3分の1程度)に的を絞った「自転車盗アラート」と、「地区別発生状況」を発表しています。
最新の犯罪情勢は、毎月更新して市のホームページで発信いたしますので、ダウンロードして見える所に貼っていただくなどご活用いただければと思います。
犯罪のないまちづくりへのご協力をよろしくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
 

【NITTAIDAI×自治体フォーラム2022】

【NITTAIDAI×自治体フォーラム2022】
本日夕方からは、都内にて戸田市と包括連携協定を締結している日本体育大学と自治体のフォーラムに参加してまいりました。
日体大との連携協定は2018年に締結しておりますが、コロナ禍によってしばらく連携事業が困難となっておりました。
しかしこの度、健康長寿に関する取組みの一環として大学出身のオリンピアン及びパラリンピアンを招聘した事業「キッズ健幸アンバサダー養成講座」を12月に実施することとなりました。
日体大出身の二人の有名アスリート特別講師につきましては来週の記者会見で発表いたしますが、きっと子ども達にとって一生忘れることのない貴重な機会となるはずです。
本日も問題提起されていましたが、今後は健康長寿のまちづくりだけでなく、部活動の地域移行も重大な課題となり、運動やスポーツの役割や課題は大きくなるばかりです。
アジア最古の総合体育大学としてオリンピアンはじめ各階各層で活躍する人材を輩出してきた日体大には様々な知見と人材があります。
戸田市としても、それらのリソースを活用させて頂きながら、身体活動や運動・スポーツの振興に努めてまいります。
 
 
 
 
 

【美里町視察】

【美里町視察】
本日の午後は戸田市と姉妹都市を締結している美里町へ視察に伺いました。
美里町は県北部に位置しており、関越道の寄居スマートインターチェンジの開通により高速道路で1時間もかからずに行く事ができるようになりました。
歴史と自然が豊かな美里町と戸田市は1992年に姉妹都市を締結し、今年は締結30周年を迎えます。
戸田市では毎年、美里町でジャガイモ掘りツアーを開催したり、美里町さんからは戸田市商工祭や収穫祭での出店など深い交流を継続しています。町ではブルーベリーやジャガイモのほか最近ではえごま油が特産物となって全国から人気を博しています。
本日は、午後から原田町長さんが町内を案内してしてくださいました。約4時間にわたる交流となりましたが、町の魅力や今後の戸田市と美里町の連携についてたくさん話し合うことができました。
伺った場所は美里町役場、円良田(つぶらた)特産物センター、そしてオーストリッチファームです。
円良田特産物センターでは、NHKニュースにもなった特産物のえごま油の搾油や美里産えごま油の栄養価の高さなどについてレクチャーを受けました。
興味深かったことは、良質なえごまの搾り滓が現在廃棄せざるを得ない状況となっており、活用について戸田市で検討できないかといった話がありました。
えごま油と搾り滓は全くクセがないのでケーキやお菓子などで活用できると思います。今後市内の事業者のみなさんにも活用法を考えて頂く機会を作りたいですね。
近年注目されているえごまですが、シソ科の植物の1年草でオメガ3脂肪酸の「α-リノレン酸」が含まれており生活習慣病(高血圧、心筋梗塞)や認知症などの予防に効果があるといわれています。
純日本産のえごまは貴重であり、ブームに先駆けて町に取り入れたのは原田町長ご本人だったそうです。いつもながら原田町長の先見性には脱帽します。
また、最近新たな観光スポットとなっている美里のオーストリッチファームでは、ダチョウが200羽以上も飼育されておりました。
私たちへのサービスなのか、求愛のダンスでお出迎えして頂きました(笑)。ダチョウの羽根はふわふわで、サンバカーニバルのダンサーが付けている羽根飾りはダチョウなんだそうです。
他にも古墳や里山に囲まれ、文字通り美しい町の美里町をぜひ戸田市民の皆さんにも堪能していただきたいと思います。まずは今月26日の収穫祭で美里町の特産物が出品されますのでぜひそちらで美里町の魅力を発見してはいかがでしょうか!
 
 
 
 
 
 
 
0:05 / 0:21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【スターターが夏菜さんに決定】

【スターターが夏菜さんに決定❗️
11月20日(日曜日)は、いよいよ4年ぶりとなる戸田マラソンIN彩湖2022を開催いたします!
2019年は台風被害で直前に中止(涙)20〜21年はコロナ禍で中止(涙)と、悔しさが募りましたが、歴史あるこの大会の火は決して消さないという執念とともに実行委員会の皆様、協賛団体の皆様のご協力により着々と開催準備を進めてきました。
さて、ここで当日のビックニュースです!
9時00分の開会式では、ミニステージにて「とだPR大使」であり、今大会のスペシャルゲストでもある女優の夏菜さんが開会宣言をします!
そして、9時20分〜の2Kmファミリーの部と10時35分〜のハーフの部において、夏菜さんがスターターを務めて頂くことが決定しました!
さらに、11時00分〜は、会場内ミニステージにて、「戸田マラソンin彩湖2022スペシャルゲストトークイベント」として、夏菜さんと東京ヤクルトスワローズマスコットキャラクター「つばみちゃん」によるトークイベントを開催します!(トークイベントではスペシャルゲストからのプレゼント抽選会も予定)
大会を盛り上げるため、東京ヤクルトスワローズのダンスチーム「Passion」の皆さんによるパフォーマンスもご披露いただく予定です!
参加者の皆様、応援者の皆様には、ぜひレースだけでなく上記のイベントも楽しみにしていただき、ご参加いただきますようお願いします。
当日は彩湖道満グリーンパークの自然を存分に楽しみましょう!私もゼッケンを付けて走りますので見かけたらお声かけ下さい。
皆様とお会いすることを楽しみにしております!
 
 
 
 
 
 

【戸田市社会福祉協議会表彰式】

【戸田市社会福祉協議会表彰式】
本日は戸田市社会福祉協議会の表彰式に出席しました。
本日栄えある表彰を受けらた皆様は、団体を含む79人の方々です。
社協の活動に深いご理解とご協力、ご寄付をいただき、誠にありがとうございました。
これからも、地域福祉の中核団体として社協と市とで連携をはかりつつ、誰一人取り残されない地域を目指した活動を展開してまいります。
4人の画像のようです
 
 

【消防特別点検】

【消防特別点検】
本日、蕨市において蕨戸田地区の消防団による消防特別点検が開催され、副点検者として出席しました。
点検では分列行進・姿勢服装点検・機械器具点検が実施され、両市消防団の皆さんいずれも規律正しく士気旺盛であり、大変心強く感じました。
災害はいつ起こるかわかりません。昨年7月に発生した熱海市伊豆山土石流災害では、他県の救助隊と現地救助隊の間の連携に消防団が大きな役割を果たしたとの事でした。
いざという時には地域を知り尽くす消防団の皆様の力が住民の命を守ります。
11月29日、彩湖道満グリーンパークにて、緊急消防援助隊関東ブロックの合同訓練が実施され、戸田市消防団も一部訓練に参加していただく事となっています。
危機管理のサシスセソ。最悪を想定し、慎重に、素早く、誠意を持って、組織で行動する。
こういった知恵も駆使しながら、引き続き市民の期待に応えるためにお力添えとご活躍を願っております。
ご参加いただきました皆様、早朝より大変お疲れ様でした!
 
 
 
 
 
 
 

【戸田市戦没者追悼式】

【戸田市戦没者追悼式】
本日、戸田市戦没者追悼式を開催いたしました。
先の大戦で亡くなられた御霊に対し謹んで追悼の誠を捧げるとともに、ご遺族の皆様に哀悼の意を表し、次世代へ戦争の悲惨さと平和の尊さを伝えました。参加いただきました皆様誠にありがとうございました。
私からは、戸田市戦没者追悼之塔への拝礼とともに以下のように市長式辞を申し上げました。
【戸田市戦没者追悼式 市長式辞】
本日ここに、ご遺族をはじめご来賓多数ご参列の下、戸田市戦没者追悼式を挙行するに当たり、先の大戦で亡くなられた全ての御霊に対し、市民を代表して謹んで哀悼の誠を捧げます。
数多の尊い命が失われた先の大戦から、77年もの歳月が過ぎ去りました。
この戸田市戦没者追悼之塔の前に立ち、戦争で亡くなられた方々、一人ひとりに思いを馳せるとき、祖国の平和と発展、また家族の安泰を願い、熾烈な戦闘の中で傷つき斃れた皆様、あるいは異境の地に残され、飢えや病に苦しみ、祖国に帰ることがかなわなかった皆様のご無念が浮かび、尽きることのない深い悲しみが胸にこみ上げてまいります。
また、最愛のご家族を失われ決して癒されることのない深い悲しみを胸に、今日に至るまで長く苦しい日々を過ごして来られましたご遺族の皆様の心痛を拝察いたしますと、痛惜の念に堪えません。
戦没者の皆様のご冥福を心よりお祈り申し上げますとともに、ご遺族の皆様のご労苦に対し、心から敬意を表します。
私は、戦後この国に生まれました。戦争を体験していない世代の一人でもあります。現在、戦争を体験していない世代がこの国の多数を占めるようになりました。
私たちが当たり前のように享受してきた「平和」は、今、当たり前とは言えなくなってきています。
平和は、祖国のために命を捧げた戦没者の方々の尊い犠牲の上に築かれていることを決して忘れてはなりません。
悲惨な戦争を二度と繰り返さないために、その記憶を風化させることなく、平和の尊さを次代に継承することが、この時代を生きる私たちに課せられた重要な使命であり、戦没者の方々に報いることであると信じております。
世界では、ロシアによるウクライナ侵略により、多くの尊い命が失われております。一日も早い平和を望むとともに、今後も皆様と協力し、平和な世界を実現するため、たゆまぬ努力を重ねていくことをここにお誓い申し上げます。
結びにあたり、戦争により亡くなられたすべての方々の安らかなご冥福と、ご遺族並びにご参列の皆様のご健勝ご多幸を心からご祈念申し上げまして、式辞といたします。
令和4年11月12日
戸田市長 菅原文仁
 
 
 
 
 
 
 
 

【新型コロナワクチン4回目接種】

【新型コロナワクチン4回目接種】
本日、市民医療センターにてオミクロン株対応ワクチン(ファイザーBA.4-5)を接種しました。
戸田市では、市内医療機関で使用するオミクロン株対応ワクチン(ファイザー社)を「BA.4-5」対応ワクチンに切り替えています。
引き続きワクチン接種を希望する方々がスムーズかつ安心して接種できる体制を市内医療機関の皆様と連携して取り組んでまいります。
 
 
 
 

【住宅用火災警報器点検の日】

【住宅用火災警報器点検の日】
今年度、市では住宅用火災警報器の設置義務化から約10年が経過したことを契機として「点検実施で安全安心119(いいく)らし」をスローガンに住宅用火災警報器の点検実施を促す日を定めたところです。
そこで昨日11月9日は「住宅用火災警報器点検の日」として戸田公園駅にて住宅用火災警報器の点検を実施の啓発活動を実施しました。
住宅用火災警報器は年月が経過することで電池切れや本体の劣化が進むと火災を感知できない恐れもあります。
いざという時に大切なご家族や自分の命を守るため、ぜひこの機会に住宅用火災警報器の点検を実施しましょう。
 
 
 
 
 
 
 

【災害時における動物救護活動に関する協定調印式】

【災害時における動物救護活動に関する協定調印式】
本日、公益社団法人埼玉県獣医師会南支部の皆様と戸田市の「災害時における動物救護活動に関する協定」締結式を執り行いました。
 本協定の締結により、災害時において、市が実施する動物救護活動(負傷した動物の応急手当、被災した動物の保護及び管理、避難所等における飼育スペース設置の協力や、飼い主への支援及び指導等)に同支部が協力して頂くこととなりました。
また本協定の実効性の確認のため、市と同支部が連携し、2023年2月に「ペット同行避難訓練」を試行的に実施する予定です。
宗像支部長様はじめ南支部の皆様、本日は誠にありがとうございました。
 
 
 

【戸田市内のコロナ療養が漫画化】

【戸田市内のコロナ療養が漫画化】
先日、竹内正明議員さんのご紹介で、漫画家として活躍されている林晴々先生にご来庁いただきました。
林先生は近隣の街にお住まいですが、昨年のデルタ株の蔓延時にご夫婦でコロナに罹りました。
療養受け入れ先がない中、戸田市内の公平病院のコロナ病床に照会されて療養治療。入院中は肺炎や高熱、血痰というかなり重い症状となり、退院後も後遺症に悩まされました。
この苦しかったコロナの体験を公平病院の公平誠先生の監修の下で出版し、この度コミックスを恵贈いただきました。
林先生からは公平病院のコロナ治療への感謝とともに、戸田市のワクチン接種やコロナ対策についてもご評価していただき、裏表紙に「戸田市のおかげで助かりました」との有難いお言葉もいただきました。
林先生の漫画を拝読しコロナの怖さと公平病院のコロナ病床の果たされた役割の重大さを改めて感じました。
林先生は顔出しNGとの事ですので竹内議員さんが代わりのツーショットとなりました。
この度は誠にありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 

【朝の挨拶運動】

【朝の挨拶運動】
おはようございます。
本日は母校でもある美笹中学校での朝の挨拶をしてきました。通称「美中」は全校生徒300人弱の一番コンパクトな学校です。
私の時代にはヤンチャ系も多少いましたが、今となってはみんな真面目で良い子ばかりです。
来年の受験に向けて猛勉強している生徒もいるでしょう。元気な挨拶で少しでもエールを送り励ましたいと思います。
 
 
 

【子ども会リーダー研修会閉講式】

【子ども会リーダー研修会閉講式】
市内のこども会に所属する小学5年生を対象にした4カ月間のリーダー研修が終わることとなり、閉講式のご挨拶に伺いました。
青少年祭りでも大活躍していたリー研生の皆さん。違う学校の友達と力を合わせて何かを考えたり実行することは、皆さんのリーダーシップを育てる絶好の機会だったのではないでしょうか。
来年は6年生として地域や学校で、周りを引っ張っていく存在として頑張ってもらいたいと思います。
ご協力いただきました関係者の皆様に心から感謝を申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【こどもの国秋祭り】

【こどもの国秋祭り】
本日、3年ぶりとなる「こどもの国秋祭り」が開催されました。
文化講演会では「違いを受け入れ前に進めば世界が変わる」の演題で戸田市が誇るパラアスリート、三阪洋行さんが講演されました。
怪我、競技の出会い、パラアスリートとしての活躍の裏側にあった様々な葛藤や挫折、そして周りの方々からの支えがあった事を伺いました。
困難にあったとしても違いを認めて自分の夢を持つこと、そして時には周りを頼りながらも諦めないことの大切さを教えて頂きとても胸が熱くなりました。
館内では他にも多様な催しがありましたが、幅広い年齢層の方々が秋祭りを楽しんでいました。
主催者のさきたま会の皆様、本日は誠にありがとうございました。
 
 
 
 
 

【自転車交通安全教室】

【自転車交通安全教室】
本日は新曽北小学校にて、蕨警察署の高柳署長にもご出席頂き、スケアード・ストレイトによる自転車交通安全教室を開催いたしました。
「スケアード・ストレイト」とは、恐怖を直視させるという意味です。スタントマンが受講者の目の前で交通事故を再現することにより、交通事故の衝撃や怖さを実感させ交通ルールの必要性について受講者自身に考える機会を与えるという教育技法です。
戸田市は平坦な土地柄もあり自転車利用率が非常に高く、自転車が関係する事故についても交通事故全体の3割を占めるなど自転車交通安全対策は市の大きな課題です。
一方で、戸田市では自転車利用者が安全に通行できるよう自転車通行空間の道路整備を進めており、昨年は美笹西通りと中央通りの一部を整備し、今年も中央通りを整備しています。
プロスタントマンによる迫力ある事故の再現を通して、事故の恐怖を知るとともに、事故を防ぐためにはどうすれば良いのかを考えていただければと思います。
ご来場の皆様、ありがとうございました。
 
 
 
 
 

【戸田市表彰式】

【戸田市表彰式】
本日、戸田市文化会館大ホールにて令和4年戸田市表彰式を挙行いたしました。
映えある表彰を栄に浴されました129名の皆様(個人109、団体20)は、それぞれの分野で優れた功績を残されました。
市長として深く敬意を表するとともに心からお祝い申し上げます。
私からは市長式辞とともに、18名の代表受領者の方々に表彰状をお渡しいたしました。
今後の皆様のご活躍をご祈念し、引き続き市政へのご協力をお願いいたします。
本日は誠におめでとうございました。