【新曽小学校給食調理場】

【新曽小学校給食調理場】
新曽小学校の増築工事の第一段階となる自校式の給食調理場が10月末にに完成しましたので、本日内覧してまいりました。
調理場は今後の児童増加に備え、最大1200人まで対応できて調理器具も最新式。耐久性はもとより安全性の高いものばかりです。
また、特筆すべきは特別食調理室(アレルギー対応食専用室)が備わっていることです。
自校式給食の提供は来年1月からとなります。新曽小の子どもたちの笑顔が楽しみです。
今後、新曽小学校は令和5年2月にI期増築校舎が完成し、既存棟の解体工事を経て令和7年1月にII期増築校舎が完成します。
詳しくは動画をご覧ください!
 
 
 
 

【朝の挨拶運動】

【朝の挨拶運動】
おはようございます。
今朝は戸田東中学校にて鈴木校長先生にもお出迎えいただき、朝の挨拶運動です。
秋らしい涼しい朝、明るい東中の生徒たちの姿にエネルギーをもらいました。
毎年春と秋の2回、18校あるすべての小中学校にて朝の挨拶運動を実施していますが、今日から秋の挨拶運動が始まりました。
今日も一日、頑張りましょう❗️
 
 
 
 
 
 
 

【TODAハロウィンフェス】【キッズビジネスパーク職業体験フェス】

【TODAハロウィンフェス】
【キッズビジネスパーク職業体験フェス】
本日は戸田駅西口駅前広場と市役所駐車場で2つのフェスが開催されました。
TODAハロウィンフェスは、駅前交通広場を活用した賑わいづくりの一環として、春のサンキューマザーフェスに続き戸田市商店会連合会の皆様が主催するイベントです。ハロウィンなので、私も仮装してご挨拶させて頂き、子どもたち日お菓子を配りました。
キッズビジネスパーク職業体験フェスは、とだわらび青年会議所が地域の事業者の方々を巻き込み、子どもたちに職業体験機会を提供するイベントです。
市役所駐車場には消防士、警察官、不動産、大工職人、自動車整備、金融機関、廃棄物処理、美容師、エステティシャン、看護師、格闘技など様々な地元企業がブースを構えました。ちびっ子たちは、さながらキッザニアのように次々と職業体験をしていました。
津軽三味線アーティストの清水まなみさんのプロデュースにより、駅前がステージや展示、キッチンカーで彩られ、戸田駅前はたくさんの方々で賑わいました。
また、職業体験を通じてSGDs達成を掲げる青年会議所の皆さんたちの素晴らしいアイデアにより、子どもたちは職業や地域の事を知ることが出来ました。
こうして民間企業や地域の団体があちこちで地元を盛り上げている街は他にそうそうないと思います。皆さんの地域貢献に心から敬意と感謝を申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【きいてくださいカード】

【きいてくださいカード】
戸田市では子どもが悩みを相談するきっかけになるツール「きいてくださいカード」を11月の児童虐待防止推進月間に市内すべての小学生・中学生に配布します。
このカードは虐待防止に取組む市職員のアイデアから生まれた戸田市オリジナルの取り組みで、小学生低学年用、高学年用、中学生用となっています。
誰にも相談できずにいる子どもたちが、皆さんの前でこのカードを見せた時には、どうか優しく子どもたちの心の声を聴いて寄り添って下さい。
また、きいてくださいカードについては昨日の読売新聞にも取り上げられました。
 
 
 
 
 
 
 
 

【メタバースによる不登校支援】

【メタバースによる不登校支援】
本日のニュースウォッチ9にて戸田市が進めている不登校支援であるメタバースによる不登校支援が取り上げられておりました。
以下、先日NHKニュースに取り上げられた同様の記事を共有させて頂きます。

【新聞エコバック】

【新聞エコバック】
市役所地下のポプラ(コンビニ店)にて、市内小学生の作った古新聞を使ったエコバックを配っていました。
このエコ活動はおそらくPBL(プロジェクト・ベースド・ラーニング)の一環だと思います。
せっかくなので1ついただきましたが、結構丈夫に作られているバックです!
これから地下のコンビニを利用する時に利用したいと思います。小学生の皆さん、ありがとうございます。
 
 
 
 

【市長公約に関する事業工程表の公表】

【市長公約に関する事業工程表の公表】
今年3月の市長選挙において2期目を目指すにあたりお約束した市長公約「安心・希望・持続可能を実現する9つの挑戦」は、81項目で構成されています。
また、重点的に取組むべきこととして【3大プロジェクト】を掲げ「子ども応援プロジェクト」「100年健康プロジェクト」「防災プロジェクト」を強力に推進する予定です。
皆さまにお約束した市長公約を確実に推進するため、市ではこれらの「3大プロジェクト」と81項目を施策として立案・具体化して「4年間の工程表」に落とし込み、4年間(2022年度~2025年度)の推進体制を整えて進捗管理を行います。
そこで、この度「市長公約に関連する事業工程表」を公表しましたので、共有させて頂きます。
特に「3大プロジェクト」については、横断的な事業も多いことから、部局連携体制を確立する推進装置として、総合振興計画策定委員会のもとで新たに副市長をトップとする新たに「3大プロジェクト推進会議」を立ち上げ、部局連携を強化し各プロジェクトの諸事業を円滑に進めます。
また他にも、本年度の重点事項に据えた「ポストコロナ社会への対応」「DXの推進」「SDGs推進」を進める事業や、「賑わい創出」「居場所づくり」「公民連携」を積極的に推進することで、地域課題の解決を図る事業などがあります。
さらに、行政内外での協議の場を通じた連携強化や関係者への機運醸成を図る効果が期待される「条例」制定や「計画・プラン」策定にも数多く取り組みます。
事業工程表は全体で91ページとなりますが、お時間ある方はぜひご覧下さい。
市長公約に関連する事業工程表
 
 
 
 
 
 
 

【戸田市文化祭】【戸田市青少年祭り】【戸田市商工祭に知事ご来場】

【戸田市文化祭】
【戸田市青少年祭り】
【戸田市商工祭に知事ご来場】
本日は、文化会館にて戸田市文化祭の開会式に出席してご挨拶いたしました。
続いて南小で開催された青少年祭りに伺いましたが、戸子連やボーイスカウトなどの青少年団体の皆さまによるブースや団体PRが実施されており、大変盛り上がっておりました。
その後は市役所に戻り、商工祭では公務ご多忙中にも関わらず、大野もとひろ知事がご参加いただきました。
商工祭に知事がご参加いただくのは初めての事だそうで、このチャンスを逃すまいと溝上商工会会長と私で時間ギリギリまで知事を会場内をご案内して、市内の魅力的な商品・サービスをPRしました。知事におかれましては市内事業者の取り組みを隅々までご覧頂きありがとうございました。
天候に恵まれた本日。市内は多くの人で賑わいましたが、昨日に続き今日もたくさんの皆様から激励のお言葉や市の課題について現場の声をいただきました。改善策に繋げられるよう明日からまた頑張ります。
関係者の皆様方、大変お疲れ様でした❗️
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【戸田市商工祭】

【戸田市商工祭】
本日は記念すべき第40回商工祭が開催されました。
約3年のコロナ禍によって、本市の経済も大きな打撃を受けました。今年はさらにロシアの侵略戦争に端を発する資源価格高騰や急激な円安の進行、そして物価上昇が止まらない状況となっています。
しかし、このような時だからこそ、市内の商工関係者が一致結束して市内の素晴らしい商品やサービスのPRをする機会をつくる事は重要です。
今日もたくさんの方がご来場いただきましたが、ぜひ明日も商工祭にお立ち寄りいただき、市内事業者の魅力的な商品やサービスをお買い求めいただければと思います。
また今日は戸田ブランドの新キャラクター発表があり、市内の小学生がデザインした「ぶらっとくん」が新キャラクターとなりました。これからブランド商品に活用しますので、よろしくお願いします。
「盛り上がれ、戸田!」のスローガンのように一致団結して、コロナに負けず、円安にも負けず、戸田市を盛り上げてまいりましょう!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【特殊詐欺に関する分析資料】

【特殊詐欺に関する分析資料】
●特殊詐欺被害状況(8月末現在)
・被害件数18件(前年同期比4件増加)
・被害金額2,800万円
戸田市では、急増する特殊詐欺を身近に感じ危機意識を持ってもらうため、この度、特殊詐欺の発生状況を地区別に分析した『戸田市特殊詐欺アラート』を作成しました。
現在のところ「下戸田地区の被害」が多発しています。
また他にも、戸田市の実例をもとに最新の手口を理解しやすいよう担当職員が要点を川柳風にまとめました。
犯人は様々な手口でお金をだましとろうとしてきます。
被害に遭わないよう犯行手口を知り、怪しいと思う電話や連絡があった際にはすぐに警察や市役所に連絡してください。
また、在宅中も留守番電話に設定し、すぐに電話に出ずに詐欺かどうか、確認することが大切です。
参考にしていただき、ぜひご家族との情報共有をお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 

【豪州リバプール市姉妹都市締結30周年記念式典】

【豪州リバプール市姉妹都市締結30周年記念式典】
本日、斉藤直子議長はじめとする戸田市友好交流事業推進委員会の皆さまとともに、戸田市と姉妹都市を締結している豪州リバプール市長のネッド・マヌーン(Ned Mannoun)市長と市関係者の皆様との「姉妹都市締結30周年記念式典」をオンラインで開催いたしましました。
本来であれば私が豪州に伺い式典が実施される予定でした。
しかし、旅程を決める7月頃はオミクロン株が猛威をふるっていた頃で入国審査その他の状況からオンライン実施にせざるを得ませんでした。
オンラインでも充実した式典にするため、懇談だけでなく30周年を祝う記念品を交換するなど、友情を温め、次にお会いする事をお互いに確認しました。
戸田市からの記念品は桜と赤富士を描いた七宝焼きを贈ります。
リバプール市からも市の歴史に因んだ記念品を贈呈していただきますので、市庁舎の目立つ場所に置いて市民の皆様にお披露目したいと思います。
市長としてまだ伺う事ができていないリバプール。紆余曲折ありながらも30年に渡って中学生の青少年団の総合派遣を続けている貴重な交流資源です。
コロナその他の条件が整った際には、ぜひお伺いしたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 

【カワセミの活用】

【カワセミの活用】
おはようございます。
戸田市では10月より「カワセミ」が市の鳥に制定されましたが、市では今後、カワセミの可愛いキャラクターを生かした様々な取組みを推進したいと思っています。
昨日は職員のアイデアから、コンビニ店などにおける食品ロスの削減に向け、カワセミのイラストで「手前取り」を促すPOP広告の試作品が届きました。
今後、市内のどこかでPOP広告が見られるかもしれません。その時はぜひ「てまえどり」でお願いします。
これから幸せの青い鳥「カワセミ」を生かした様々なPRを進めたいと思いますので、斬新なアイデアがございましたらご提案よろしくお願いいたします!
 
 
 

【建設業協会の安全大会】

【建設業協会の安全大会】
本日は令和4年度の戸田市建設業協会の安全大会が開催され、ご挨拶させていただきました。
細田会長をはじめとする戸田市建設業協会は、市内の土木、建設、設備、電気、造園業等の地元事業者等が集まる団体であり、道路・河川・施設・上下水道、公園管理等の担い手として市民生活を支えて頂いております。
また、市とは災害時における応急対策業務に関する協定を結んでおり、台風19号の際にも浸水地域で応急対策活動をしていただくなど、いざというときの市民生活を支えて頂く存在でもあります。
改めて日頃の様々なご協力に対して感謝するとともに、本日の安全大会の学びにより加盟事業者のさらなる安全が図られ、市内事業者の工事の質向上に繋がるよう期待しております。
 
 
 

【全国大会出場中学生の表敬訪問】

【全国大会出場中学生の表敬訪問】
おはようございます。
昨日は、宮城県で開催された「全国中学校大会」に出場し、優勝・日本一に輝いた新曽中学校の体操部の皆さんと、準決勝まで勝ち進んだ戸田中学校のボード部(男女クォルドルプル)皆さんの市長表敬訪問がありました。
新曽中学校の体操部の皆さんは、女子団体総合優勝をはじめ、女子個人総合4位(岸さん)、女子個人総合7位(平川さん)、さらに種目別では、平均台優勝(岸さん)、平均台5位(平川さん)、ゆか優勝(岸さん)、段違い平行棒4位(平川さん)と、戸田市では近年にない輝かしい成績を収めました。4人のチームワークで本当に良く頑張りました❗️
日本一の証でもあるトロフィーを持たせてもらいましたが、とても大きくてずっしり重みがありました。
また、戸田中学校ボード部では、男子がストレートで準決勝レースまで進み、女子は初戦敗退したものの、敗者復活レースで勝ち上がり、準決勝レースまで進むことができました。
男女とも決勝までは進出しませんでしたが過去最高の自己ベストタイムを出すことができたそうです。
中学生達はそれぞれこの2年間、コロナ禍で練習時間も確保できない中一生懸命努力を積み重ねて素晴らしい成績を残されました。
全員から一人ひとり感想を聞きましたが緊張しながらも、自分の取り組みや目標、悔しかった思いなどをしっかり述べており、とても頼もしく感じるとともに心から誇りに思いました。
また皆さんには家族や先生方への感謝を忘れず、これからも前を向いてそれぞれの夢に向かって頑張ってもらいたいと激励しました。
中学生の皆さん、本当におめでとうございました㊗️
 
 
 

【元気ケア推進事業所表彰式】

【元気ケア推進事業所表彰式】
戸田市では昨年より要介護度の改善に向けた質の高い取り組みを実施している高齢者サービス事業者を奨励するための市独自の表彰を実施しております。
本日、令和4年度の戸田市元気ケア推進事業所の表彰式が行われ、今年度は昨年に引き続き3つの事業所が認証事業所として表彰を受けられました。
「ふれあいランド戸田」では、敷地内な農園を使って収穫などのサービスを展開されている点が評価されました。
「ツクイ笹目戸田」では、個別機能訓練計画を作成さ、目標設定のみならず分析して利用者の理解促進に努めるなど利用者アプローチが充実している点が評価されました。
「デイサービスとだ優和の杜」では、医療をバックボーンとした利点を生かして利用者のADLに応じた多職種連携による訓練メニューを展開している点が評価されました。
それぞれの事業者では様々な工夫を凝らしたサービスや支援によって大変質の高いサービスが展開されており、とても頼もしく感じました。
今後は、こういった取り組みが横展開されることによって地域全体のサービスの底上げが図られるものと期待しています。
皆様には、これからもより一層地域をリードする介護事業所として、利用者の元気と笑顔のためにご尽力頂きますようお願い申し上げます。
受賞事業所の皆様、誠におめでとうございます❗️
 
 
 
 

【会派「無所属県民会議」の視察】

【会派「無所属県民会議」の視察】
岡重夫代表はじめとする埼玉県議会の会派「無所属県民会議」の皆さんが戸田市役所に視察に来て下さいました。
会派の皆さんは私が県議会議員として2期7年の間所属してお世話になった気心の知れた方々です。
本日は、戸田市が推進する教育関連施策、子ども子育て支援、コロナ対策について、それぞれ教育長、こども健やか部長、そして私から説明をいたしました。
限られた時間で充分に伝え切れたかどうかわかりませんが、私達がどのような想いで市政改革に取り組んできたのかが少しでも伝われば嬉しく思います。
また、こんの桃子県議には地元議員として本日の視察を調整して頂き、各県議との貴重な意見交換ができました。誠にありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【戸田市民体育祭】

【戸田市民体育祭】
本日3年ぶりとなる戸田市民体育祭が市内6地区で開催されました。
コロナ対策もあり午前中のみの実施でしたが、各地区久しぶりということもあり大変盛り上がっておりました。
開会式に参加した新曽北小学校(新曽地区)では、NHK朝のラジオ体操のお兄さんである鈴木大輔さんがサプライズ参加でラジオ体操の指導をしていただきました。
実は鈴木さんは戸田市出身で私の大学の後輩にあたります。本日は鈴木さんの同級生が呼んでいただきました。記念撮影もしていただきました。
また、最後に伺った第1ブロックでは徒競走があり来賓が駆り出されることになりましたが、競走となると燃えてしまう私の悪い癖が出てしまい、恥ずかしながら革靴で全力疾走してしまいました。
天候にも恵まれ、市民体育祭が無事終了しました。運営にご尽力いただきました大会役員の皆様に心から感謝を申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【第1回パルクール世界選手権】

【第1回パルクール世界選手権】
午後は、都内に移動して有明アーバンスポーツパークにて行われている「第1回パルクール世界選手権」でした。
この度、日本が第1回目となる世界選手権の開催地となり、観覧する貴重な機会を得ることができて視察してまいりました。
パルクールはオリンピックの新競技候補に挙がるほど世界各国で急成長している競技であり、フランス語で「移動の芸術」という意味があるそうです。
競技内容はタイムを競う「スピード」と技の難度や構成などを競う「フリースタイル」の男女2種目です。身一つで人間の身体能力の極限を競います。
障害物を乗り越えながらゴールまでのタイムを競う「スピード」は、超ハイレベルな障害物競走といえばわかりやすいでしょうか。
また、障害物を使って超人的な技を流れるようにクールに入れる「フリースタイル」はワイヤーなしのワイヤーアクションをみているような、現代の忍者を連想させる身体パフォーマンスです。
世界の一流選手達による圧倒的な身体能力に驚き、胸が高鳴りましたが新たな体操系アーバンスポーツとしてこれから国内でも人気が高まる予感がしました。
また会場ではパルクールはじめ、スケートボード、BMX、ブレイキンなど他のアーバンスポーツのデモンストレーションも開催されておりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【荒川左岸流域下水道通水50周年デザインマンホールお披露目式】

【荒川左岸流域下水道通水50周年デザインマンホールお披露目式】
荒川水循環センター上部公園にて「荒川下水道フェスタ2022」の中で、デザインマンホールのお披露目が開催されご挨拶いたしました。
お披露目後はマンホール界おなじみ(?)マンホールポーズで写真撮影しました。
50周年記念マンホールは荒川水循環センター入り口とイオン北戸田様の北側歩道(国道298号)に設置されます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【あすなろ学園秋祭り】

【あすなろ学園秋祭り】
本日はあすなろ学園の3年ぶりの秋祭りでした。
あすなろ学園は戸田市と蕨市が設立運営しており、療育を必要とする子ども達が保護者や職員との信頼関係を基礎とした関わりを通じて、豊かに成長するよう支援する施設(福祉型児童発達支援センター)です。
職員の皆さんが自作の工作物やコスチュームに身を包み、「はたらくくるましゅっぱつだ」のテーマに沿った様々な体験を児童と保護者に用意していただきました。
私も自前のハロウィンメガネをつけて子どもたちと楽しい時間を過ごしました。
戸田市では引き続き、献身的な取り組みを進めている須山理事長はじめ施設職員の皆さんと連携し、誰一人取り残されない児童福祉、療育支援を目指し支援充実に努めてまいりたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【都市問題会議1日目】

【都市問題会議1日目】
第84回全国都市問題会議
【個性を活かして「選ばれる」まちづくり】の1日目が終了しました。
基調講演として、長崎市が本部の(株)ジャパネットHD代表取締役社長兼CEO高田旭人氏より「民間主導の地域創生の重要性」として民間主導で推進する長崎スタジアムシティプロジェクトや働き方改革の実践についての講演がありました。
主報告として、長崎市長 田上富久氏より、「長崎市の魅力あるまちづくり」として、昭和の観光都市から新たな価値を生み出し、選ばれる21世紀の交流都市への進化をはかる様々な「長崎ライフ」への取り組みについて実践例をご紹介いただきました。
その後「一般報告」として島根県立大学地域政策学部准教授の田中輝美氏、山形市長の佐藤孝弘氏、長崎市景観専門監の高尾忠志氏から、それぞれ現場に即した事例発表がありました。
久しぶりの座学でしたが、我が街に重ねながら落ち着いて講演を聞いて考えを巡らせる一日となりました。
長崎出張は明日までですが、最後までしっかり学んで帰ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【朝ラン@長崎市内】

【朝ラン@長崎市内】
Good Morning Nagasaki🌅
朝の貴重な時間を使って長崎駅前のホテルから約9キロ、市内をランニング。
長崎駅→原子爆弾落下中心地碑→平和公園(長崎の鐘)→平和祈念像→ 如己堂(永井隆記念館)→浦上天主堂→ 国立長崎原爆死没者追悼平和祈念館→ 山王神社(二の鳥居)→ 西坂公園(日本二十六聖人)→長崎駅
原爆の犠牲となった方々を悼み、今現在も戦火にさらされていりウクライナに一刻も早く平和が訪れるよう祈りました。
また早朝、昨日夜に市内で発生した火災について連絡がありました。深夜までの消火活動の結果、朝には火災が完全鎮火したとのことです。
この後、9時30分から都市問題会議がスタートします。丸一日しっかり他市の先進政策や事例を学びたいと思います。