【EDIX教育総合展】

【EDIX教育総合展】
本日は、EDIX教育総合展に参加して教育の"今"を学びに来ています。
10時からは本市の戸ヶ崎教育長が登壇をし「民間と行政で作り上げるインクルーシブ教育」と題したセミナーに登壇しました。
今年のEDIXは過去最大の出展があるそうです。この後、お昼過ぎまでしっかり最先端の情報を吸収して、戸田市の教育に活かしてまいりたいと思います。
関係者の皆様、見かけたらぜひお声掛けいただければと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【朝のあいさつ運動】

【朝のあいさつ運動】
本日は南小で朝のあいさつ運動でした。南小では毎週水曜日の朝、学級委員さんたちが率先してあいさつ運動をしています。
ちなみに南小の目指す学校像は、「あいさつと笑顔あふれる子供も大人も元気な学校」です。
どおりでみんな元気ですね!今日も一日、皆さん楽しく過ごしてもらいたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 

【ストリートピアノ期間終了】

【ストリートピアノ期間終了】
戸田公園駅に期間限定で設置された「戸田公園駅ストリートピアノ」が閉幕しました。17日間心に響くメロディを奏でてくれたピアノ「ENSCHU(エンシュウ)」は、本日午前中に運ばれていきました。
実行委員会の発表によると、17日間で演奏者は1,904人にのぼり、構内で足を止めて演奏を聴かれた聴衆は10,894人となりました。
大きなトラブルも発生せず、盛況のうちに終えられたのは、ひとえに実行委員会とご協力頂いた皆さまの音楽にかける熱い情熱の賜物です。心から敬意と感謝を申し上げます。
今回、戸田公園駅ストリートピアノでは様々な発見がありました。
まず、こんなにも幅広い世代の市民がピアノを弾けるということ。また戸田でもストリートピアノを待ち望んでいた方が非常に多かったこと。そして音楽による街づくりの可能性です。
改善点も含めていろんなお声がありましたが、概ね肯定的なものばかりでした。
例えば次のような声がありました。
次の機会を楽しみにしております。たくさんの演奏が本当にすばらしかったです。
近くの駅などのストリートピアノへ出かけて楽しんでいたが、戸田で聴けて嬉しい。
ストリートピアノを見て習いたかった気持ちがさらに強くなり、ピアノ教室に通うことを決めました。
戸田市にもストリートピアノがやって来てくれたならとテレビに話かけていた。
などです。中には涙を流されながら演奏を聴いていらっしゃる方もおりました。
私も息子と2度ほど演奏しましたが、とても良い経験となりました。聞いて下さった方々に感謝申し上げます。
関係者の皆さん、大変ありがとうございました。またお疲れ様でした。
 
 
 
 
 
0:17 / 0:30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【 熱中症に気をつけましょう】

【 熱中症に気をつけましょう】
本日も、彩湖道満グリーンパークは満員御礼です☀️多くのご来場ありがとうございます。
予報では、30度近くまで気温が上昇するようです。もうすでに25度を超えています。
身体がまだ暑さに慣れていないこの時期です。熱中症に気をつけて楽しいゴールデンウィークをお過ごし下さい!
1人、キャンプをしているの画像のようです
 
 

【生成AI活用の市民向け応答サービスの実証実験開始】

【生成AI活用の市民向け応答サービスの実証実験開始】
戸田市では、以前から伊藤忠テクノソリューションズ株式会社と連携しており、2023年12月には生成AIを活用した市民向け応答サービスの実証実験を行いました。
この度、明日5月1日からさらに回答精度が向上したモデルによる「生成AIを活用した市民向け応答サービスの実証実験」を追加して行い、市民の皆さまにも参加していただくこととなりました。
内容は、生成AIを活用し「AIチャットボット」と「OpenAI音声認識」を組み合わせた新たな市民向け応答サービスを構築することにより、市民からの問い合わせ対応のスピードアップとサービスの向上、そして行政側の業務効率化を目指すというものです。
[サービスの概要]
◯LINEチャットやLINECallからの質問に生成AIが回答案を作成し、結果をLINEチャットで送信します。
◯多言語(日・英・中)の質問にも対応し、LINEチャット上での結果表示に加え、音声読み上げによる回答を行い、その機能を検証します。
この案内サービスが実装されると、これまでにない画期的な案内サービスとなるはずです。
ぜひ、回答精度を向上させるためにも公開した際には市民の皆様にも検証にご協力いただければ幸いです。
戸田市ではこれからも生成AIなどのテクノロジーに柔軟に対応し、行政の効率化や生産性向上に努めてまいります。
テキストの画像のようです
 
 
 
 

【息子とピアノ連弾に挑戦】

【息子とピアノ連弾に挑戦】
皆さん戸田公園駅ストリートピアノにはもう行きましたか⁉️
戸田公園駅には連日、ほぼ途絶えることなく老若男女、ピアノを弾かれる方々が集まっています。
本日は実行委員会の一員として誘導スタッフを務めさせて頂き、最後に息子との連弾に初めて挑戦しました。
私自身、音楽を聴くのは大好きなのですが、この歳になるまでピアノに触れたことはありませんでした。
今年は偶然にも息子の通っているピアノ教室の発表会で親子連弾に挑戦することになり、息子と連弾を練習しているところです。
今日の演奏は頭の中が真っ白になって、いつも出ない変な汗が出てくるくらい恥ずかしかったんですが、息子との良い思い出ができました。
足を止めて聴いて下さった皆さん、あたたかい拍手をありがとうございました‼️
<戸田公園駅ストリートピアノ>
期間:4/20(土)-5/6(月祝)
時間:10:00~19:00
写真や動画の投稿にハッシュタグ
#トダストピ をつけて一緒にイベントを盛り上げませんか?
演奏中やピアノの前での記念写真などなんでもOKです!お友達とやご家族、親子での写真などたくさん待ってます。
 
 
 
 
 

【極真館全日本空手道選手権大会】

【極真館全日本空手道選手権大会】
昨日は、極真空手の創始者である故大山倍達総裁の高弟である盧山初雄会長が率いる極真館の皆様による全日本空手道選手権大会が戸田市スポーツセンターで開催されました。
世界中に支部のある極真館の大会には圧倒されます。二日間開催される大会には日本全国のみならず外国から800人もの選手が来日され、まるで世界大会のような雰囲気です。
戸田市にもチャリティーとして大会よりご寄付をいただきました。心から感謝を申し上げます。
また私も来賓としてご挨拶の機会をいただき、参加した選手の皆さんを激励しました。
礼を修め、心身を鍛え、空手道を極めるために日々精進されている空手家の皆さんの熱い闘いと、極真館のさらなる発展ををご期待申し上げます。
 
 
 
 
 
 
 

【彩湖でランニングしませんか?】

【彩湖でランニングしませんか?】
今日は池田大喜さんと彩湖道満グリーンパークを一周ランニングしました。
これは楽しい!と言うことで来月も朝ランすることになりました。
次回は来月5月26日の日曜日の朝6時からです。道満グリーンパークのドッグラン駐車場に集合して30分走り、コーヒーと朝食を食べて帰ります。
池田さんと私の共通の方で、朝ランしている方は一緒に走りませんか?
ご連絡お待ちしております!
 
 
 
 
 
 
 
 

【市役所正面玄関が完成】

【市役所正面玄関が完成】
本日、令和5年から施工していました敷地内のリニューアル工事が完成しました。
ご不便をおかけしておりましたが、雨避付の車寄せやエレベーター、思いやり駐車場が整い、市役所のバリアフリー化が進みました。
正面玄関は、来週からご利用いただけます。ぜひご活用下さい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【朝のあいさつ運動】

【朝のあいさつ運動】
昨日は新曽小学校であいさつ運動、また本日は美谷本小学校で朝のあいさつ運動でした。
市内の学校では、花や緑をたくさん育てています。これは校長先生をはじめとする教職員の皆さんが少しでも子供たちの心を豊かにしようとされている戸田市の自慢です。
ただ、一番の自慢は何かといえば、「あ市長がいる!」「久しぶりですね」「ねーねー私◯◯なんだよ」などなど…市長にも積極的に話してくれる本市の素直な子どもたちです。今日もまた実感しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【全国青年市長会研修会】

【全国青年市長会研修会】
昨日は全国青年市長会の関東ブロック会議・研修会でした。
私が副会長を務めさせて頂いている全国青年市長会は49歳までに当選した市長の集まりとして全国815団体(792市、23区)あるうち109名の市長が会員となっている市区長の会です。
青年市長会では、若手首長同士が本音で意見交換し切磋琢磨しながらそれぞれの街の発展や地方自治の進展を目指しています。
私たちが所属する関東ブロックは17名の若手首長で構成されており、私は関東ブロックの支部長を務めさせて頂いている関係で、今年は戸田市で研修をお受けすることとなりました。
昨日の会議・研修会には11名の首長が参加していただきましたが、私が用意した視察内容としては、戸田東小中学校における教育実践と、ボートレース戸田における地域貢献についてでした。
詳細は省略しますが、皆さん熱心に戸田市の取り組みをお聞きいただきました。
特に、本市の戸ヶ崎教育長のプレゼンテーションは各市長から質問がいくつも出るなど、とても有意義な機会となったようです。
参加した市長さんは、茨城県行方市の鈴木周也市長(全国青年市長会会長)、茨城県龍ケ崎市の萩原勇市長、埼玉県本庄市の吉田信解市長、埼玉県和光市の柴崎光子市長、埼玉県久喜市の梅田修一市長、千葉県柏市の太田和美市長、東京都小金井市の白井享市長、東京都小平市の小林洋子市長、東京都青梅市の大勢待利明市長、神奈川県鎌倉市の松尾崇市長、そして埼玉県戸田市の私でした。
意見交換会では、地域の違いはあれど同じ年代の首長同士、課題意識や悩みごとは共通したものがあることを再確認しました。私にとっても目からウロコの話がたくさんあり、大変有意義な機会でした。
今後とも、仲間としてまた良きライバルとして若手市長同士で研鑽を重ねながら、地方自治の最先端を走ってまいりたいと思います。
関係者の皆様、誠にありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 

【学童保育室事務連絡会議】

【学童保育室事務連絡会議】
本日は、令和6年度第1回目となる学童保育室事務会議を開催しました。
学童保育室事業には様々な方がご尽力いただいております。特に指導員の皆様はその献身的な努力によって安心・安全な保育環境を構築して頂いております。
今日は今年度の学童保育室事業について全体のミーティングを行い、安心安全の学童保育運営のための情報共有を行いました。
未来社会の担い手である子どもが健やかに育つような環境をえることは、私たち大人の重要な責務です。一方で、子どもを取り巻く環境はコロナを経てさらに多様化・複雑化してきており、子どもはその変化を敏感に察したり影響を受けています。また学童保育に通う頃は子どもが繊細な時期でもあると思います。
子どもの居場所である学童保育室は、後々の人生に深く影響を与える大変重要な施設です。優しくけじめを持ってこども達が身体的に精神的にも健全な成長を支える指導員の皆さんの知識と技術で、これからもこどもが安心して過ごせる学童保育室を作り上げていただきたいと期待しております。
私からはあらためて、戸田市の学童がしっかりと運営されているのは指導員の皆様の努力の賜物であり感謝しているとお伝えいたしました。
今年度、戸田市では戸田第一小学校第1学童保育室の建て替えや、芦原小学校に第2学童保育室を増設するなどの施設整備を進めていくとともに、児童入退室システムの導入や保育日誌の電子化など、ICT化を進め、学童利用者の利便性向上の取組に力を入れております。
さらに新たな取り組みとして、夏休み期間中に学童保育室の需要が高まることから、学童保育室を補完する事業として地域の団体が町会会館などを利用して「とだっこサマークラブ」を実施します。
次世代を担うこども達を育てることは、これからの戸田市を前進させるための基盤を築くことです。
学童保育関係者の皆さんも大変意識が高い方ばかりです。一緒に保育の質の向上にも励みながら今後も安心・安全な「こどもまんなかの街づくり」を推進してまいります。
 
 
 
 
 
 
 
 

【朝のあいさつ運動】

【朝のあいさつ運動】
本日は戸田第二小学校であいさつ運動でした。戸ニ小の子どもたちのパワーにはいつも圧倒されます。
元気な子どもたちを迎える正門の裏にある植え込みがとても綺麗でした。戸田市は花のある学校が多くあります。
お手入れして頂いている皆様に感謝しております。
 
 
 
 
 
 

【プラスチックごみ削減の推進に関する協定】

【プラスチックごみ削減の推進に関する協定】
昨日、戸田市とウォータースタンド(株)様は「プラスチックごみ削減の推進に関する協定」を締結しました。
本協定に基づき、ウォータースタンド(株)様より、無償で市内公共施設及び市内公立保育園にマイボトル型給水機を設置いただくこととなりました。
給水機は、本体に水道水を引き込み、高性能浄水フィルターを用いて濾過するものです。水道直結式のためプラスチックのタンクが不要であり水やタンクの運搬に伴う温室効果ガスの排出もない特長があります。
今後市では、市役所庁舎をはじめ市内公共施設や公立保育園に設置する予定です。(設置場所等については確定次第公表します)
なお、公共施設に設置する給水機は、職員を含めた施設利用者の方どなたでも使用することができます。
締結式には、関東第二支社支社長の遠藤様がご出席いただきました。
戸田市では、様々な取り組みにより、プラスチック製品の使用抑制、プラスチックごみの削減、温室効果ガス排出量の削減に役立て、併せて環境意識の向上を図ってまいります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【朝のあいさつ運動】

【朝のあいさつ運動】
本日からしばらく(毎日ではありませんが)、市内小中学校で続けている「朝のあいさつ運動」です。
今朝は戸田第一小学校です。小雨模様でしたが、完成したばかりの新校舎と新正門の前で元気な子どもたちとあいさつを交わしました。
 
 
 
 
 
 
 
0:01 / 0:09
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【戸田中央メディックス埼玉】

【戸田中央メディックス埼玉】
本日はさいたま市のレジデンシャルスタジアム大宮で開催されたニトリJDリーグ「戸田中央メディックス埼玉対NEC」の応援に伺いました。
始球式では清水勇人さいたま市長がピッチャーを務められ、私はバッターを務めさせていただきました。
厳しい試合でしたが、キャプテンの糟谷選手のホームラン、ピッチャーの増田選手の安定したピッチング、キャッチャーの坂本選手の1点をもぎ取る熱いプレーなど、チーム一丸となって3点を守り切り、戸田中央メディックスが勝利しました。
私も特別応援団長を拝命して初の試合が勝利したので良かったです(笑)
第二節を3連勝で終えたメディックスは現在4勝1敗でシーズンイン早々、素晴らしいスタートダッシュです。
選手たちの雰囲気もとても良く、福田監督の名采配でこのまま上位をキープして優勝に向かって突き進んでもらいましょう‼️
皆さんも地元戸田・埼玉県唯一のJDリーグチーム、メディックスの応援をよろしくお願いします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【ストリートピアノ大盛況】

【ストリートピアノ大盛況】
本日から戸田公園駅ストリートピアノが始まりました。午後1時よりオープニングセレモニーが開催され、私からもご挨拶させていただきました。
セレモニーでは小沼実行委員長はじめ7名の皆様による「ピアノマラソン演奏」が披露されましたが、皆さん市内外でピアノ教室や演奏活動をされている方々ばかりなので、普通は聴くことができない素晴らしい演奏でとても贅沢な時間となりました。
セレモニーには、私以外に戸田公園駅の中村駅長、遠州楽器制作(株)の岩佐社長にもご参加いただきました。また観客も200人以上となり、大変な盛り上がりでした。市民の皆様のストリートピアノへの期待の大きさを感じた瞬間でした。
その後は、演奏される方々が途切れることなく続き、実行委員会によると、本日1日で演奏者113名、足を止めて鑑賞していただいた方は1000人を超えたそうです。
私も2時間ほど皆さんの演奏を聴いていましたが、小学校低学年から70代くらいの方まで老若男女問わず、様々な方が演奏され、また曲もクラシックだけでなく色々なジャンルを弾いて、聴衆を感動させておりました。
音楽は「時間の芸術」と言われます。時間に追われるせわしない日常の中で、毎日通り過ぎる駅で立ち止まって、ほんの数分間で聴く誰かの演奏が、ほかの誰かの明日への活力や癒しに繋がっていけば、こんなに素敵なことはありません。
戸田公園駅ストリートピアノの期間は5月6日までです。明日もたくさんの方々による素晴らしい演奏があると思います。実行委員会の皆様、素晴らしい企画を誠にありがとうございます。
最終日までどうぞ宜しくお願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
0:07 / 0:23
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【戸田公園駅ストリートピアノ】

【戸田公園駅ストリートピアノ🎹
いよいよ明日から5月6日まで戸田公園駅で戸田市初となるストリートピアノが始まります‼️
本日は実行委員会の皆さんの手により、戸田公園駅のコンコースにピアノが設置されました。遠州楽器制作(株)様ならびにJR東日本様、誠にありがとうございます。
明日4月20日(土)午後1時のオープニングセレモニーでは、小沼会長はじめとする実行委員会の「マラソン演奏」が開催されます。(約1時間)
演奏者のみなさんは市内で音楽教室を主宰される方々ばかりです。一期一会のとても素晴らしい演奏会になることでしょう‼️
お時間ある方はぜひともお越しいただき、演奏はもちろんのこと、素晴らしいストリートピアノの世界を体験していただきますようよろしくお願いいたします。
戸田公園駅ストリートピアノ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

【TODAPAY抽選結果発表】

【TODAPAY抽選結果発表】
本日、戸田市商工会との連携で推進している第二弾のプレミアム付き電子商品券事業「TODAPAY」の抽選結果を発表させていただきます。
プレミアム率30%で30,000セット発行した今回。ご応募いただいたセット数は、前回54000セットとほぼ同じ、約55000セットとなりました。(1セット=10000円分)
ただ、上限を3万円としたため、応募人数は前回の約14000人から約20000人に増加しました。多くの皆様のご応募、誠にありがとうございます。また、当選率も前回の約52%から約85%へ大幅に上がりました。
当選者数が増加し、当選率向上が図ら
れたので少しホッとしています。
利用開始は4月22日から8月31日までです。ご利用いただきますようお願いいたします。
、「お知らせ TODA PAY 行政/事務局からのお知らせ 行政/ 事務局 2024/04/18 2024/04/1810:00:01 10:00:01 NEW 抽選結果の発表~たくさんのお申込み ありがとうございました~ 当選結果 華神学中」というテキストの画像のようです
 
 
 

【母校の同窓会誌に掲載される】

【母校の同窓会誌に掲載される】
私の母校の県立伊奈学園総合高校には、「Inajin」という同窓会会報誌があります。
会報誌は毎年発行されており、卒業生の活動報告や伊奈学園に縁のある方々へのインタビュー、同窓会主催の様々なイベントのお知らせなどが掲載されています。
今年は「新成人18歳記念 「政治」をあらためて考えよう」という特集が組まれ、OBOGの中でも政治関係で活動する方々が記事になりました。
私もインタビューを受けたのですが、まさかの「表紙」に紹介をしていただきました。
私が高校時代はまだ学区制がありましたが、県内で唯一「学区を跨いで全県から通える大学のような単位制の学校」という高校のスケールを超えたダイナミックさに憧れて志望した母校です。
戸田から1時間30分かけて通った大好きな母校の同窓会会報に取り上げていただいたことは、私にとっては一生の宝物になるとともに、身に余るほど光栄なことです。同窓会の皆さん、誠にありがとうございました。
実は結構たくさんいる伊奈学園の関係者の皆さん!どこかでお会いしましたらぜひお声かけ下さいね〜!!
 
 
 
 
 

【TMGソフトボール大会】

【TMGソフトボール大会】
本日は、道満ソフトボール場で開催された「第62回TMGソフトボール大会」にお招きいただきました。
戸田中央メディカルケアグループ(TMG)は、戸田市を本部として市内のみならず、首都圏各地で医療・介護・保健・福祉を担うトータルヘルスケアネットワークを形成しており、実に119カ所の関連事業所の展開と約16,000名もの職員によって、各地で「愛し愛されるケア」を実践しています。
また、グループの名を冠した実業団ソフトボールチーム「戸田中央メディックス埼玉」と戸田市は、本年1月に包括連携協定を締結し、スポーツ振興、健康増進、地域活性化など様々な分野の連携を進めています。
職員間の親睦を目的として62回の歴史を重ねた本大会には約1100人の参加があり、一日中楽しくプレーが繰り広げられました。
本日の参加者の中には、4月に入職したばかりの方も多いとの事です。新人の皆さんはソフトボールを楽しみながら先輩や同僚との交流の輪を広げ、TMGの一員である実感が持てたのではないでしょうか。
安心の医療・介護・保健・福祉の提供に向けて、職員の皆さんのさらなるご活躍とともに、戸田中央メディカルケアグループのご発展を祈念しております。
 
 
 
 
 
 
 
 

【”動画版”市長の全力まち取材の配信開始】

【”動画版”市長の全力まち取材の配信開始】
市長の全力まち取材は、私が市内のさまざまな場所に直接取材を行い、普段見ることができない市内企業の魅力を取材し、市の宝を発掘するコーナーです。
今年度からは、広報戸田市で紹介するだけでなく、市公式YouTubeにて動画配信することといたしました。
第1回目の取材先は、「笑‘s(しょうず)」のブランド名でキャンプギアを製造販売している市内企業の有限会社昭和プレスさんです。
自社で製造販売する焚き火台「B-6君」は、人気キャンプアニメでドラマ化もされた「ゆるキャン△」で使われ、キャンプ好き芸人のヒロシさんにも使用されるなどして人気となり、さまざまな雑誌等のメディアで紹介されています。
こだわりの焚き火台は、高久笑一社長さんのキャンプ好きが高じて自分用の焚き火台を製作したところから始まったそうです。
アイデアと茶目っ気たっぷりのとても気さくな社長さんでした。また組み立て体験で組み立てた焚き火台は、社長がサプライズで用意していただいた戸田市オリジナル焚き火台です。ありがたく市長応接室に飾らせていただきました。
動画は4分27秒です。皆さんぜひご覧ください。
 
 
 
 
 
 

【埼玉県市町村におけるパートナーシップ制度に係る連携に関する協定締結】

【埼玉県市町村におけるパートナーシップ制度に係る連携に関する協定締結】
本日はさいたま市にて、埼玉県市長会の定期総会が開催されました。総会では市長会の事業計画、予算、国への要望などについて審議の上、決定がなされました。
総会の後は、川越市の川合善明市長の呼びかけにより、埼玉県内でパートナーシップ制度を実施する62市町村と自治体間協定「パートナーシップ制度に係る連携に関する協定」を締結しました。
戸田市では令和4年10月に「戸田市パートナーシップ・ファミリーシップ届出制度」を制定しています
が、本日の協定締結により埼玉県内ほぼ全域でパートナーシップ制度を利用されている方の転居に伴う負担軽減がはかられ、簡易な手続で制度を継続して利用いただけるようになります。
私が市長会に関わってから6年経ちますが、このような取り組みは初めてとなります。埼玉県内では自治体間の良い連携がはかられている証しではないかと思います。
こうした連携によって性的マイノリティの方々の困難さ、生きづらさが少しでも軽減され、性の多様性への理解促進がさらに進むことを願っております。また、戸田市としても引き続き、性的指向および性自認の多様性を尊重した社会づくりを進めてまいります。
 
 
 
 
 
 

【台湾東部沖地震義援金募集】

【台湾東部沖地震義援金募集】
本日、戸田公園駅にて台湾東部沖地震の義援金の募集活動を行いました。
4月3日の早朝、台湾東部沖を震源としたマグニチュード7.4の地震が発生しました。沖縄県でも津波警報が発出されるなど周辺地域に大きな影響を及ぼしました。
震度6強を観測した花蓮県では、市街地のビルが大きく傾くなど、建物の損壊被害や工場倒壊、土砂崩れなどの被害が出ております。この地震は台湾において25年で最大規模だそうです。
あらためて台湾東部沖地震で亡くなられた方のご冥福を心よりお祈りするとともに、被災されました皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
さて、日本で災害が起こるたびに台湾からは多くの寄付金が被災地に送られてきました。
東日本大震災に際しては220 億円を超える義援金が集まり、これは世界一高額となったそうです。また能登半島地震においても、駐日代表処から 25億円を超える義援金が寄せられています。
日本の危機に際して何度も支援の気持ちを示していただいた台湾の皆さんに、私たちは今こそ感謝の気持ちをお返しするべきだと思います。
義援金のご協力をくださいました皆様、誠にありがとうございました。いただきました浄財は日本赤十字社を通じて台湾赤十字組織が行う救援・復興支援活動に使われます。市役所(保険年金課)及び、福祉保健センター(地域福祉政策担当)では、引き続き義援金を受け付けております。皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。