【プラチナ大賞「奨励賞」を受賞】

【プラチナ大賞「奨励賞」を受賞】

イノベーションによる新産業の創出やアイディア溢れる方策によって地域課題を解決し、実現しようとする取組みを「賞」というかたちで称えるプラチナ大賞は、「※プラチナ社会」の実現に向けたビジョンや具体的なアクションの理解・浸透を図ることを目的に7年前に創設されました。

本日、イイノホールにて行われた第7回大賞表彰式にて、戸田市は映えある「奨励賞」を受賞いたしました。

(※プラチナ社会とは、成熟社会における成長の一つのモデルとして小宮山宏前東京大学総長が提唱された社会の在り方であり、日本が先進国として直面する課題の解決と、新たな可能性の創造によってもたらされる、豊かで快適でプラチナのように威厳をもって光り輝く社会と定義されています)

この度の受賞は、大賞創設以来これまで戸田市が積極的に取組みを提案し応募し続けたことが評価されたものであり、戸田市は「プラチナシティ」の認定自治体となりました。

また、受賞に合わせてプレゼンテーションの時間いただき、戸田市の取り組みについて発表させて頂きました。

受賞を励みに、プラチナ社会の目指す「エコロジーで資源の心配がなく、老若男女が全員参加し、心もモノも豊かで自己実現が目指せ、雇用がある社会」の先端に向けて一層、精進してまいりたいと思います。

小宮山宏会長はじめ関係者の皆様には、このような素晴らしい賞を頂いたことに心から感謝を申し上げます。

【県内初!三井住友海上と包括連携協定】

【県内初!三井住友海上と包括連携協定】

本日13時より市長公室において、戸田市と三井住友海上火災保険株式会社様の包括連携協定の締結式を行ない、協定を締結しました。

同社は、損害保険のグループとして日本最大規模を誇る「MS&ADグループ」の一角を担うリスクマネジメントのプロフェッショナルであり、保険業界としては初となる「経営革新等支援機関」に認定される企業です。

防災や減災、持続可能な事業継続が自治体や事業者の最重要課題となっている昨今ですが、協定締結のスタートとして同社からはリスクマネジメントに関する企業向けの無償講義や市の主催する自転車交通安全教室への出展などのご協力をいただくことが予定されています。

今後、戸田市と三井住友海上火災保険の双方が持つ資源を有効に活用し、多岐にわたる分野に連携して取り組むことで、市民サービスの向上や地域課題の解決に効果を発揮することを期待しております。

協定締結に際して、源長哲司埼玉支社長様からは、戸田市職員のレスポンスの早さについてもお褒めの言葉をいただき、大変誇らしく感じました。

これからも公民連携ファームの取り組みがどんどん広がっていくよう、職員の皆様と共に頑張ろうと思います。県内初の協定締結に向けてご尽力いただきました三井住友海上火災保険の皆様には心から敬意と感謝を申し上げます。

【令和元年 戸田市表彰式】

【令和元年 戸田市表彰式】

菊薫る文化の日、本日は令和元年の「戸田市表彰式」を挙行致しました。

毎年文化の日に合わせて開催する表彰式ですが、今年は文化会館の大ホールにて式典を開催しました。

映えある表彰の栄に浴された皆様は、いずれも弛まぬ努力によって市内外にて素晴らしい功績を残された方々であり、郷土に誉を高めていただきました。心から敬意と感謝を申し上げます。誠におめでとうございました。

今後ともそれぞれの立場から戸田市の発展にお力添え賜りますようお願い致します。