復興元年。日本改新を埼玉から!

平成24年の幕開けに際し、心よりお慶び申し上げます。昨年は東日本大震災により被災した地域の復旧復興、原発事故による被災拡大や風評被害の打撃、さらに東北のサプライチェーン寸断、計画停電や電力不足、歴史的な円高による産業空洞化、止まらないデフレ、雇用不安等々、我が国は多くの困難に直面した一年でした。
厳しい経済情勢ですが、今年はなにが何でも日本を再生させる年です。中でも私たちの埼玉県政は、来年度からの「新5カ年計画」が3月議会で審議、議決した後にスタートする予定です。多選自粛条例により、最後の任期を務める上田県政の総決算として、新たな計画で様々なプロジェクトが始まります。上田知事の3大公約であるエコタウンプロジェクト、ウーマノミクス、健康長寿プロジェクトの推進をはじめ、八ツ場ダム、埼玉新都心8-1A街区の医療拠点整備といった個別の大型事業も、しっかり議論するべき課題です。限られた予算の中で、二重行政などの無駄を省きつつ、教育、環境、医療、福祉、危機管理防災、都市整備、警察などサービスの質を維持向上させて参ります。また埼玉は地勢的にも、東北の玄関口として大きな役割を担っております。復興需要を県内の経済や雇用に繋げて、県民の経済を立て直すことも大切です。
私といたしましても、埼玉県の将来ビジョンを示した公約集「埼玉県政改革八策」各分野による県政改革の推進、そして戸田市と埼玉県の強力なパイプ役として、活力ある埼玉県を築く若手政治家としての役割を果たして参ります。被災地の復興と埼玉の経済回復なくして日本の再生なし。という気持ちで頑張って参りたいと思います。
私が所属する刷新の会としては、これまで通りに政党や政局とは一線をおきつつ、県民党の立場で声なき声を拾いあげ、政策本位で、埼玉県政の改革と刷新に力を注いで参ります。また2月から3月にかけて招集される予算特別委員会の中で、会派を代表して私が一問一答の議論させて頂く機会をいただきました。1期生らしく、失敗を恐れずに完全燃焼で挑みます。そして議員報酬20%カットの継続や、定数削減等の議会改革をはじめ、行政のスリム化、県内産業振興など、強い埼玉県の財政を築くための提言も継続して参ります。
ところで、国会に目を向けますと、何も前に進まない政治の停滞を見るにつけ、国家の将来を憂い、憤りを隠せない日々が続いております。綱領すらない民主党の唯一の中心軸だったマニフェストは破綻し、ブレる歴代総理の判断で、原発事故対応、普天間問題、デフレ対策、TPPなど、押し寄せる国家課題を治める事ができずに混乱を招くばかりか、内部分裂と迷走を続けて政権にしがみついています。また野党も野党で、一票の格差是正や定数削減、公務員改革、財政再建、デフレ脱却、税と社会保障の一体改革など、建設的、本質的な協議や議論なしに、いたずらに政局に走っています。そうしている間にも、国民の所得格差は開き、雇用も低迷、努力は報われず、年金や社会保障は崩壊寸前という状況です。
このような国民総不信状態において、ビジョンなき増税を叫び、今そこにある課題に向き合わず、議員自らは痛みを避ける。それで国民は納得するのでしょうか。私は疑問です。なぜなら政治は「信なくば立たず」だと考えているからです。嘘をつかない。約束は守る。過ちは素直に謝る。相手の身になって考える。小学生でもわかるような事です。与党も野党も、今は国民の信頼を取り戻すために行動を起こす事が必要です。
さいごに、私が大好きな故事で、日本書紀にも書かれる「民のかまど」を紹介します。
ある時、仁徳天皇が高台にのぼって眺めると、家々から煙が立っておらず、天皇は、民がかまどでの煮炊きにも事欠いていると察しました。天皇はそれから三年間、年貢を免除され、その間衣類も新調せず、住まいが荒れて雨漏りやすきま風が吹き込んでも修理すらしませんでした。そして3年が経過して、再び高台から眺めると、炊事の煙があちこちの家から立っていました。それを見て天皇は「私は豊かになった」とおっしゃいました。皇后は「衣服には穴があき、屋根が破れているのに、なぜ豊かになったといえるのですか」と聞くと「国家とは民が本であり、その民が富んでいるのだから、我も富んだということだ」と申されました。やがて人々が「宮殿は朽ち壊れています。それに比べて国民は豊かになり、もう年貢を納めさせてください。宮殿も修理してください」と願いましたが、天皇はさらに3年延長されました。その後、人々は自発的に老人を助け、材料運びに精を出し、競争して宮殿づくりに励み勤しみ、瞬く間に宮殿は出来上がりました。それ以降、仁徳天皇は聖帝(ひじりのみかど)と呼ばれたそうです。
国民を思うリーダーの行動が信頼につながり、国家が豊かになったこの逸話。高い徳に基づく仁の政治と、それに応える国民の勤労。まさに我が国が誇るリーダー像ではないでしょうか。こういった強く、公共心にあふれたリーダーに国民は希望を託していくのだと思います。
今年は解散総選挙があると言われております。停滞を止めるためにも、信頼を再構築するためにも、そんな覚悟をもったリーダーの出現を期待しております。
もちろん私も、若輩者ではありますが、理想の地方政治の姿を追い続けて参る所存です。これからも子供にツケをまわさない政治、そして初志貫徹の一念で、戸田市民の代表として、改革を進めて参りますので、ご指導、ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

平成二十四年 一月
埼玉県議会議員 菅原文仁

拉致問題を考える埼玉県民の集い

 拉致問題を考える埼玉県民の集いに参加中です。北朝鮮の指導者が変わり、拉致被害者救出の潮目が変わりました。これまで熱心に行動して来た松原拉致担当大臣に解決進展の期待をします!

特定失踪者は拉致被害者と認定されていない拉致の疑いが濃厚な方々です。戸田市の隣川口では拉致被害者の田口八重子さんの他に4名の特定失踪者、全国で470名確認されております。

結婚のご報告

私事で大変恐縮ですが、昨日、天皇誕生日の良き日に、結婚披露宴を行いました。
お世話になっている諸先輩、恩人の皆様はじめ、多くの友人、知人にご臨席いただき、和やかに宴を終えることができました。来て下さった方々、この場をお借りいたしまして、改めまして御礼を申し上げます。
またその後の二次会にも中学校の時の友人はじめ、駆けつけてくださいました皆様に感謝を申し上げます。披露宴、二次会では失礼もあったと思いますが、暖かくお見守りくださいまして、ありがとうございました。

謝辞でもお話させていただきましたが、儒教に「修身斉家治国平天下」という教えがあります。
国を治め、天下を平和に導くには、まず身を修めること、そして、家庭を治める事が大事である。「天下国家を治める前に家庭を治めよ」という先人の教えです。ですので、「幸せ」の感情というよりも、責任という感情のほうが大きくわいているところです。
この言葉を肝に銘じて、家庭を円満に導いて、天下国家を導けるような政治家になれるように一つ一つの事に取り組んで参ります。
まだまだ未熟者の二人ですが、ご指導ご鞭撻下さいますよう、よろしくお願いいたします。

戸田市フィルムコミッションがスタート

今日から県議会が開会です。

我が会派「刷新の会」からは、石田昇県議(旧鳩ヶ谷市選出)と井上航県議(和光市選出)が質問を行う予定です。

ところで、12月1日から戸田市フィルムコミッションがスタートしました。
フィルムコミッションとは、映画やテレビドラマなどの撮影をスムーズに進めるため、ロケ地の情報や必要な手続きを案内する支援窓口です。
市議の時に私が提案していたので、ついに実現して感慨深いです。

戸田マラソン

今日は戸田マラソンです。
晴れて良かった!!

出場する皆様、ケガに気を付けて、ご健闘お祈りします!

スタート地点です。
2キロ小学生の部が始まります!

R.O.Tの皆さん。
WeLOVE戸田が光ってて、いいですね!!

私の質問が朝日新聞の記事になりました

こんにちは。

すがわら文仁です。

金曜日に私が初めて行った県議会での質問が、
朝日新聞に掲載されました。
以下、引用いたします。

「私大誘致は可能」上田・埼玉 知事が医学部新設の代替案

埼玉県内の医師不足対策について、上田清司知事は県 議会で30日、「既存の私立大学医学部の誘致は、可能 なアイデアだと思う」と述べた。県立大学(越谷市)への 医学部新設の難しさに触れ、代替案として言及した。

本会議の一般質問で、菅原文仁議員(刷新の会)の質問 に答えた。「国は検討会を設けて医学部新設の議論をして いるが、早急に結論が出るか、まだ分からない」と指摘。 「県外の医学部に進学する県出身の学生に手厚い奨学金を 与え、引き留める方法もある」との考えも明らかにした。

インターン最終日

こんにちは。
インターン生の大塚です。

昨日はすがわらさんの県議会初の一般質問でした。

一般質問とはざっくり言ってしまうと、
県の行 財政について、議員さんが
知事や県庁の方々に 質問することです。

「質問」の実質的な内容は、
「なぜ県では○○ 対策を打たないのか」といったものや
「なぜ本 県の××は改善されないのか」といったものを
議題に関係なく取り上げることができるので、議員のみなさんにとって
非常に重要な議員活動です。

すがわらさんは、現在1期目であるため、
質問は今回がはじめてでした。

少々緊張しておられたようですが、
終始大きな声で、はっきりと、
的を射た質問をされていました。

埼玉をもっとのっとよくしていきたい!という気持ちが
前面にでていて、格好いいなあと思いました。
(小学生のような感想ですみません!!)

さて、一般質問の見学をもって、僕たちのインターンは終わりです。

この2ヵ月間、埼玉中のたくさんのところに赴き、
たくさんのことを学びました。

すがわらさんからは、政治についてはもちろん、
人生の先輩としてたくさんのことを教えていただきました。

インターンの2人とも、政治のことを
本気で話し合える仲間になることができました。

刷新の会のみなさんや、すがわらさんの
議員仲間の方々にもたくさんのことを教わりました。

本当に素敵なみなさんと出会い、語らうことができた
夏だと思っております。

インターンはこれで終わりですが、
この夏学んだことを活かし、築いた絆を大事にし、
自分の夢を忘れずに、残りの学生生活を有意義なものにしていきたいと思っています。

みなさんありがとうございました。

インターンシップを終えて

ついに、2ヶ月間の菅原議員事務所での
インターンシップが終了しました。
こんな自分のために、長い時間とたくさんの企画を
用意してくれた菅原議員にこの場を借りて、
まずお礼をいいたいです。
また、スタッフの矢澤さんもいつも助けて頂いて感謝しています。
思えば、2ヶ月間あっという間でした。
ポスティングで汗をかき、ビラ配りや街頭で市民の方々に挨拶し、
視察で県内を知り、政策で何ができるか える…
ひとつひとつ大変でしたが、そのひとつひとつの大変さが
あってこそ生まれるのが、信頼なんだなって思いました。
例えば、インターンを共に頑張った、大塚君や太田君には、
一緒の時間を共有出来たからこそ、生まれる信頼関係もできました。
また、それは内輪だけじゃないです。
一番、思い出に残るのはビラ配りでのおじさんの一言です。
『いまは若い人の力が必要なんだ。頑張れよ!!!』
地道な活動を通して、こうやって自分の知らないたくさんの人達と
信頼を繋いでいくことは、すがすがしいです。
というか、こうやって人と人とが信頼して結びつく事が、
いまの世の中に大切なことのような気がします。
なんか、飾ってるようですが、これは偽らざる気持ちですね。
そういう大切な仕事に2ヶ月という短い期間でしたが、
関われたのは自分の財産です。
本当に少しでも自分に関わってくれた方、ありがとうございました。
最後に、私のブログのテーマ覚えていらっしゃいますか?
政治を身近に感じてもらいたい、知ってもらいたいということを中心に、
学んだ事をなるべくわかりやすく綴ってきました。
もしも、皆さんがこのブログを通して政治に興味を持ってくれたら嬉しいですね。
そして、明日にでも一生懸命がんばっている政治家の方に温かいエールを送って下さい。
政治家と市民の方々が身近な関係になって、
もっといい日本に変わっていけることを切に願います。
菅原議員事務所
インターン第一期生
辺田

インターン終了

こんにちは!お久しぶりです、インターン生の太田です。
本日の活動をもって、インターンシップ活動はほぼ終了となりました!
今思い返すと、長いようで短かったです。
この2ヶ月間で得たものは予想以上に大きかったかな、と感じます。
本日は、政策発表でした!
インターン生5名によるプレゼンを行い、
それを議員の皆様に採点してもらい、
その得点を競い合う、という内容です。
私は、この一週間、ほぼ毎日事務所及び県議会に通いました。
正直、当初はテーマすら思いつか ず、プレゼンまでたどり着けるのか心配でした。
ですが、スタッフの矢沢さんも協力してくれたのもあり、
なんとかプレゼンに結び付けることができました。
実際、プレゼンは反省点ばかりでしたが、
次はもっと良いものを作りたいという決意も生まれました。
他のみなさんのプレゼンも大変参考になり、
自分の中でも、この発表会は大変有意義なイベントだったと思います。
今までのインターンシップ活動を通して、
とくにポスティングが予想以上に大変でした。
このような地道で厳しいお仕事がいかに重要なのかも実感し、
また終えた後の達成感も大きかったです。
その他にも、多種多様なイベントや視察に参加させてもらい、
本当に充実していました!
このようなインターンシップ活動を企画してくれた
菅原議員には大変感謝しています。
また、このインターンシップを通して一緒に活動した
辺田さん、大塚さん、そして関わった議員の方々や
多くの皆さまに感謝しています。
これから私はより多くの経験や活動に積極的に参加して、
自分の目標を見つけていきたいと思います。
2ヶ月間本当にありがとうございました!
学習院大学
法学部法学科2年
太田

医師不足の解消について

お久しぶりです。大塚です!!

都道府県ランキング 医師数:47位 看護師数:47位 病院数:40位 病床数:47位 (人口あたり)

みなさんこのデータを見てどう思いますか。
これは去年の埼玉県のデータです。 (埼玉県保健医療部保健統計年報より)

現在、インターンでは18日の政策発表会の準備 をしています。
僕のテーマは「埼玉県の医師不足解消について」です。

上記の通り、埼玉県の医療過疎には深刻なもの があります。
これを解決するにはどうすればいいのかを考えています。

発表当日までに、素人ながらも良い政策を用意しなければ!!
難しい問題ではありますが、なんとかしなければならない問題です。

学生という立場に安住せず、頑張って取り組んでいきます!
以上です!!